読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

サルが木から落ちる 熱帯林の生態学

A特におすすめ 中学生以上 ノンフィクション(自然)

 

サルが木から落ちる―熱帯林の生態学

サルが木から落ちる―熱帯林の生態学

  • 作者: スーザン・E.クインラン,Susan E. Quinlan,藤田千枝
  • 出版社/メーカー: さえら書房
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

熱帯雨林の複雑な生態系のメカニズムをかいているが、表題のサルが木から落ちる謎、軍隊アリと鳥とチョウの関係など、複雑に絡み合い、助け合う生き物の姿。だからこそ、小さな保護区では守りきれないが、逆にいえば、一定の条件があれば自力で再生しようとする自然の力強さなど、とてもエキサイティング。人間に都合の良い自然保護!? はあり得ないのがわかります。一部だけの保護はできないのが自然ね。