読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ミルクこぼしちゃだめよ! (2014 課題図書 小学校低学年の部) 

フィクション 小学校低学年以上 Cふつう

 

ミルクこぼしちゃだめよ!

ミルクこぼしちゃだめよ!

 

 アフリカのニジェールに住むペンダは、お父さんのお昼のために、ミルクを届ける。砂漠をこえ、おまつりの中を通り、川を渡り、山を登り、やっとお父さんのところについたのに、お父さんに渡したミルクのお椀の中に、マンゴーが落ちて、ミルクが飛び散ってしまいます。がっかりするペンダに、からになったお椀には、頑張って運んだお前の気持ちが一滴残らず入っているよ、慰めてくれます。カラフルが画面で、感想文が書きやすそうな本。文も絵も現地にかかわっている英国人。なんとなく、違和感(きりんを見て「ここはどうぶつえんじゃないの」という)を感じたのは、イギリスの子を想定して書いているの? 実際にそこで暮らす子どもたちの気持ちはどんなだろう?