児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ドラゴン・キーパー 紫の幼龍

 

ドラゴンキーパー―紫の幼龍

ドラゴンキーパー―紫の幼龍

 

 やんちゃで、言葉が通じない幼龍カイデュアン(カイ)を抱え、ピンは、試行錯誤を続ける。やっと言葉が通じるようになり、変身も身に着けた龍だが、皇帝に見つかり、再度宮廷へ。ピンと皇帝との友情は復活するかにみえたが、リュウチャは、不老不死に取りつかれていた。ピンの家族が見つかり、ピンは、他の龍守りを求める。女の龍守りの前例がないことから、代わりが見つかったとたん、ピンは命を狙われた! 辺境の燕に嫁ぐヤンシン姫の匿いで、ついにピンは、カイと共に漢を脱出する。 幼い龍のやんちゃなキャラや、龍育てが良く描けているが、反面、あっさり性格が変わって裏切る敵役が、ちょっと弱い。ここが改善されれば最強に。