読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ふたりのアーサー=2 運命の十字

 

ふたりのアーサー〈2〉運命の十字

ふたりのアーサー〈2〉運命の十字

 

 石の中のアーサー同様、自分が養い子だと知るアーサー。しかも、実の父は尊敬できないサー・ウィリアムで、母は身分の低い女で、父に夫を殺されたことを知る。石の中では、次々にアーサー王と円卓の騎士の物語が繰り広げられ、自分も従者としての道が拓け、十字軍へと出発する。自分自身の探求(クエスト)を求めることの重要性に気づき、母親を探したいと願う。 母親探しの謎をからめて気楽に読ませる。アーサー王について予備知識がないと、次々に出てくる騎士の名前がついていけなさそう。