読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

白をつなぐ

 

白をつなぐ

白をつなぐ

 

 毎年、広島で開催される都道府県対抗男子駅伝。福岡県は、今年は中学生屈指の実力者佐々木、大学駅伝のスター水島が入った一方、社会人枠吉竹はクセがあるイマイチな選手。中学生山野にいたっては、ただの天然ボケかもしれない。監督の熊沢は采配に頭を悩ます。おまけに白紙の入った手紙が見つかる。熊沢は、これは白い心を持って走れという神のメッセージだというが、はたして? メンバーが集まり、本番が始まる数日間の物語を、監督、コーチ、選手のそれぞれの視点から語られる。軽快な語り口で楽しく読ませてくれるし、裏で支えるOBの姿などいいツボを押さえているのに、佐々木君が走りに失敗した理由(超気になる~)や、彼が気にしている母校のコーチ八谷はどうな、など微妙に書き込みが足りない。選外に漏れた斎藤君の気働きなど、いいとこ書いているんだから、あと一息!