読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

13番目の子

 

十三番目の子 (児童単行本)

十三番目の子 (児童単行本)

 

13番目の子を十三歳になったらいけにえに捧げないと、滅ぼされるという言い伝えがある地。だが、捧げれば13年間の恵みがあるという。誰もが12人以上の子どもを産まないように注意していたのに、双子を産んでしまった母がいた。呪いの十三番目の少女は、一人離れて海に沈められる運命を聞きながら育つ。だが、十三歳の誕生日の前日、別々にそだった兄が現れる。妹を助けたいと願う兄。そして、二人は母の秘密を知る。それまで女の子しか生まれなかった母は、先に生まれた女の子を順番を変えてごまかし、そのために産婆役の魔女に脅迫されていた。生贄の当日、兄と妹は互いにかばいあい、さらに母もまた二人を守ろうとする。3人は共に海に沈められるが、母が子どもたちの重しの石をナイフで切り、一人で犠牲となる。呪いを解き放つ古き言い伝えが成就され、二人は古代のアイルランドに上陸して助かるという神話的な結末となる。ダウドの遺作とのことだが、死を受容するように育てられながら、反発する少女の心の動き、12番目と13番目の子を変えた母の悔いなど、もっと重厚に仕上がったらよかったのにと残念。著者も、もっと手をいれたかったかも。