読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ぼくが探偵だった夏

 

浅見光彦少年時代の探偵談。ちょっとかわいい転校生の女の子と、夏休みに軽井沢で冒険。怪しい別荘の人物の麻薬犯罪をあばくの巻。そつなくきっちりかけてるけど、ちょっと物足りないかな。浅見光彦シリーズ読んでる大人の方が面白がりそう。