読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

大吸血時代

 

大吸血時代

大吸血時代

 

 世界中が吸血鬼になった時代。吸血鬼たちは、人造血液で平和に暮らしていた。だが、ひそかに作られた人間牧場から脱出した親子がいた。母を殺され、逃げていた幼い女の子イスズを偶然救ったマーティンは、エサ候補からペットとして、そしてパパの気分になりつつ子育てに励むことになる。だが、周りは敵ばかり、イスズを守るためにはどうすればいいのか? 設定としては、おもしろくテンポもよく、楽しく読ませるテクニックもある。だが、ご都合主義! なぜかお金には困ってないし、イスズは友人も恋人も見つけ、最後には吸血鬼になってハッピー。いいのか? 吸血鬼から守る深刻さも、ママのかたきうちも、吸血鬼として人を殺すということも、軽い。ゲームのような感覚で物足りない。