読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ディナの秘密の首かざり(秘密が見える目の少女 ②)

フィクション 小学校高学年以上 Bおすすめ Cふつう

 

ディナの秘密の首かざり (ハリネズミの本箱)

ディナの秘密の首かざり (ハリネズミの本箱)

 

 高地に逃げ、新しい暮しを始めたディナたち。兄さんのダビンは、家族を守りたいと戦いの腕を磨いているが、半分は新しい暮しになじめない欲求不満もある。そんなおり、母さんとディナはだまされて呼び出され、母さんが負傷。兄さんは敵討ちをしようとするが、呼び出した男が他人の名を語っていたため、無関係な人間との決闘に飛び込むことに! さらに、兄を助けにきたディナは誘拐され、恥あらわしの力を敵のために使うことを求められ、ついに力自体を失う。巧妙な敵は、二つの部族の衣装を偽装することで戦争を起こそうとするが、ギリギリのところで真相がわかる。今回は思春期の迷えるダビンにいさんが、ジタバタとあがく姿がなかなかおもしろい。