読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ジャムおじゃま

 

ジャムおじゃま

ジャムおじゃま

 

 完璧な専業主夫になったパパが、ふと庭のプラムに目をとめたことから事件が始まる。たっぷりのプラムでジャムを作り、家族一同、毎日ジャムを食べる、食べる、食べる。もううんざり~でも一年がかりでやっと食べきった。ところがその時、また庭のプラムの木に、実が・・・・とまぁ、ありそうなバカバカしいはなしを、さすがマーヒーがどことなくスットンキョンに仕上げ、ヘレン・クレイグがまたまたユーモアたっぷりの挿絵をつけている。こういうの、はまる子ははまるかも。