読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー上

 

女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー 上

女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー 上

 

 原題はLady In Waiting。寵臣ローリーの妻ベスが主人公だが、この翻訳タイトルでそれがわかる? 新大陸の夢想につかれ、傲慢だが有能なローリー。女王の不興をかっても妻にしたベス、政敵エセック卿、セシルとの陰謀、女王の死とともに投獄されるまでを描く。あいかわらず華麗な描写力で、従順だが芯の強いベスの視点から、非凡な男の人生が浮かび上がる。