読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

乱世少年1967 チアンチアンの大冒険

 

乱世少年―チアンチアンの大冒険

乱世少年―チアンチアンの大冒険

 

 文化大革命の中で、優秀なリーダーだった父は造反者としてつるしあげをくい、14歳の強強(チアンチアン)も犯罪者として追われる身となった。指名手配をごまかすため、北京の紅衛兵を名乗るが、逆に盗人あがりで怪しげな男に利用され、造反グループのお飾りにされてしまう。しかし、そこも党派対立で混乱。やっとたどり着いた山奥のおじいさんも造反の疑いで迫害を受け、さらにかつて逮捕した恨みを持つ山賊によりおじいさんが拉致される。不良少年を装って、山賊仲間に侵入する決意をするが、予想外の事態が次々勃発。強強は命がけの救出劇に! まさしく乱世少年。