読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

テッドがおばあちゃんを見つけた夜

フィクション 中学生以上 Cふつう Bおすすめ

 

テッドがおばあちゃんを見つけた夜

テッドがおばあちゃんを見つけた夜

 

 大好きだったおばあちゃんは、アルツハイマー病のせいで、すっかり変わってしまった。テッドはくやしくて、おばあちゃんにやさしくできない。ところが、おばあちゃんと二人のときに、怪しい男とであう。銀行強盗のニュースの逃走中の犯人に似ている。テッドは男につかまり、おばあちゃんを置き去りにしなければならなくなった。男の正体は、そしておばあちゃんは大丈夫か? テッドは、かつておばあちゃんに教えてもらったことを思い出しながら、なんとか逃亡するチャンスをつかもうとする。アルツハイマー病のおばあちゃんとの折り合いという重いテーマをそれなりにうまく処理している。