読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

学校が教えないほんとうの政治の話

ノンフィクション(歴史・社会) 中学生以上 A特におすすめ

 

学校が教えないほんとうの政治の話 (ちくまプリマー新書)
 

 選挙に行かないのは意識が低い? でも、政治ってよくわからない。大人がAKBの選挙といわれてもメンバーの見分けがつかないっていうけど。若者が選挙に行かないのはそういう感覚だよ、というツカミが、バッチリ。選挙とはひいきのチームを見つけること、中立だの公平なんてない、誰だって偏っている(なのに、自分が中立で他を偏っているという!)など、納得の指摘。近大は、まず個人を大切にし、憲法もそうであるが、極右も極左全体主義に向かう傾向があり、現在そうした全体主義の傾向が強まっている危険を指摘している。でも、このレベルでも、そのうち発禁にならないように注意しなくちゃ!