読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

アマリリス号 待ちつづけた海辺で

フィクション 中学生以上 Cふつう Bおすすめ

 

アマリリス号―待ちつづけた海辺で (Best choice)

アマリリス号―待ちつづけた海辺で (Best choice)

 

 ジェニーバは、足を怪我した祖母の元で暮らすために海辺の街を訪れた。目の前で夫の船が沈んで以来「しるし」を待ちつづける祖母と、父を殺した海を恐れ、街に逃げ出したジェニーバの父ジョージ。海からの印はいつ送られてくるのか? 父と祖母をつなぐジェニーバ。二つの世界、特に「海」が魅力的に語られる。