読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

子どもと子どもの本に捧げた生涯

 

子どもと子どもの本に捧げた生涯―講演録 瀬田貞二先生について

子どもと子どもの本に捧げた生涯―講演録 瀬田貞二先生について

 

 講演録が元になっているが、児童書の編集・評論・翻訳など黒子の仕事に徹した瀬田氏の稀有な業績を評価した本。博学で、感性豊かだが「むなしいこと」を拒否して、合理的な思考ができる稀有な人格が、斉藤氏の深い思慕の中で浮かび上がってくる。子どものための仕事として、バランスがとれたこの人格が、どんなに貢献したかが伝わってくる。