読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

くいしんぼうのあり

「にひきのいけないあり」と比べ読みをしていました。 

くいしんぼうのあり

くいしんぼうのあり

 

 食べ物を探しに行ったありがきらきらひかる食べ物をもってきた。女王さまは、それがとてもきにいったので、ありたちはみんなで取りに行く。木島氏が自分で言っているように、やや意訳的にやわらかい訳文にしあげているので、グレードを下げてよみきかせに使える。ただ、やや風刺的な雰囲気があるので、これは村上氏の訳のほうが良いかも。