読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

天の川のラーメン屋

 

 ヤキブタを買いに行ったシンくんは、帰りに不思議なおじいさんから呼び止められる。ヤキブタを譲ってくれたら宝物をくれるというのだ。いやだと振り切って帰ってきたのに、家についたらヤキブタはなく、エンドウ豆が! しかたなくそれをまくと、ジャックとまめの木みたいに大きくなって、あのおじいさんがおいしい天の川のラーメンを作ってくれた。というお話。可もなく不可もなくかな~