児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

魔法使いのチョコレート・ケーキ

 

魔法使いのチョコレート・ケーキ (世界傑作童話シリーズ)

魔法使いのチョコレート・ケーキ (世界傑作童話シリーズ)

 

 魔法の腕はよくないが料理の腕は確かな魔法使い。話し相手がほしくて、チョコレートケーキ・パーティの招待状を送るが、子どもたちはこわがって来てくれない。かわりに木を植え、肥料のケーキと水をやって一緒にお茶の時間を過ごす。1本では寂しかろうと次々に木を植えていくうちに長い時がたち、大きな森ができた。ある日、森を抜けて大勢の子どもたちがやってきて、魔法使いの望みがかなうという表題作。
学校の帰り道、マイケルが「オレンジ色の犬がほしいな」と思っていると、大きなオレンジ色の葉っぱが風に舞いながらついてきた。その葉はマイケルが止まると止まり、速く走ると速くついてくる。家にも学校にもついてきて離れないのでこわくなったマイケルは、海辺の小屋に住むおじいさんに相談に行く。おじいさんは葉っぱをつかまえ箱に閉じこめる。でも、帰りかけたマイケルは何だか寂しさを感じて、やっぱり葉っぱを返してもらうことに。捨てたものは変わってしまうんだよとおじいさんが言って箱を開けると・・・(「葉っぱの魔法」)。どれも不思議な余韻を残す話が、全部で10話。ちょっとこわい話をきっかけにと思う子どもには、「幽霊をさがす」を紹介します。

「葉っぱの魔法」のマイケルとおじいさんの関係は、私の中での理想です。こんなおじいちゃんが身近にいたら、こういう関係がつくれる社会だったら、子も親も生きやすいんじゃないかなあと思います。