児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ラモーナは豆台風

 

ラモーナは豆台風 改訂新版 (ゆかいなヘンリーくん)

ラモーナは豆台風 改訂新版 (ゆかいなヘンリーくん)

 

 ラモーナは5才になりました。今日は待ちに待った幼稚園に行く日。お姉さんのビーザスみたいにいっぱい勉強して、もううちの中の末っ子だからって赤ちゃん扱いさせないぞと息巻いています。担任のビネー先生は若くてきれいな女の人。ラモーナはすぐに大好きになります。でもラモーナは、何かと”問題”を起こし怒られたりほめられたり、その度に先生を好きになったり嫌いになったり、忙しく一喜一憂します。

くるくるカールしたスーザンの髪がうらやましくて引っ張ってしまったり、買ったばかりの長ぐつで泥に入って出られなくなったり、ビネー先生が休んで代わりの先生が来た時は運動場の隅に隠れて授業ボイコットをしたり。ラモーナにしてみれば、自分のその時の気持ちに正直なだけなのです。

誰もが通る道で、自分はこんなことはしないなと思う子でも、ラモーナにうまくいってほしいと思わせる魅力があって、ラモーナからシリーズにはまる子もいます。 (P)