児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ほとんど憲法 上

 

ほとんど憲法 上: 小学生からの憲法入門

ほとんど憲法 上: 小学生からの憲法入門

  • 作者:木村草太
  • 発売日: 2020/02/26
  • メディア: 単行本
 

毎日小学生新聞の連載を書籍化。月ごとのお題に合わせた小学生のお便りから関連する憲法の話へ展開していく、いわば憲法エッセイ。連想ゲームのようなその自由さがおもしろい。

例えば「夏休みといえばラジオ体操!」というお便りから「35条 住居の不可侵」、「サンタさんへのお願いといえば」から「26条1項 教育を受ける権利」といった具合。1話ごとにマンガが添えられているが、著者の披露する小学生時代のエピソードがマンガのように(よりも?)ぶっ飛んでいる。小学生にも憲法をわかりやすく、また自分事として考えてもらうための様々な仕掛けをし、そして著者自身も楽しんでいるという感じです。

日本政府による9条の解釈を遠足のやくそくに例えて説明したところは目からウロコだし、「信頼できる大人」「本気で考えてくれる大人」を探そうといった大事なことを繰り返し伝えているところにも好感がもてました。 (P)