児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

調べてみよう名前のひみつ雑草図鑑

 

季節ごとに分けて、いわゆる雑草を、特に「名前のひみつ」の観点から解説。構成としては目次・この本の使い方が前にあり、命名用語辞典・この本に出てくる用語・さくいんが後ろについている。索引で気になったのは、「セイヨウタンポポ」と「タンポポ」が別になっている点(「タンポポ」の索引にはセイヨウタンポポのページが付されていない。だが、セイヨウタンポポのページにはタンポポという名前の語源解説がある。)ことばとして登場しても写真がないと索引には掲載されないと思われる(「ツクシ」は写真がある2箇所のページが掲載されているが、カラスウリは「命名用語辞典」で名称は出てくるが、索引ではそのページが示されない。また、学名がラテン語で表記されているが、ラテン語を読める小中学生はいないのでは?(私も読めない)。一方、「英語でクイズ」のページがあり英語名が出てくる(こちらはヨミがカタカナで振られているが、ラテン語にはない)など、中途半端な感じがする。類書がなく、視点が面白いとこので、細かいところをもう少しフォローしてもよかったのではと思う。