児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

フードバンクどろぼうをつかまえろ!

 

ネルソンも妹のアシェリーもいつもお腹をすかせてる。世界一すてきなかあさんは、看護婦として懸命に働いているけどお金が足りない。だけど、フードバンクに行く日は最高。ここでは食べ物がもらえる。一番好きなものがもらえるとは限らないけど、お腹いっぱいに食べられるだけでも幸せ。それから、学校では朝食クラブに入っている。いつもここで朝ごはんが食べられるんだ。友人のクリシュとハリエットの家では、いつも食べ物がたっぷりある。二人は、うすうすわかってるみたいで、よくおやつを分けてくれるけど、ちょっとはずかしい。朝食クラブと給食、そしてフードバンクのおかげで、なんとかしのいでいたのに、フードバンクでもらえる食べ物が、少しづつ減って来た。フードバンクから盗んでいる泥棒がいるらしい。絶対に許せない! ネルソンはクリシュやハリエットと計画をたてて泥棒をつかまえる計画をたてる! 泥棒をつかまえるところは、ちょっとあっけないが、お腹をすかせた子どもたちのために、かあさんがいろいろなゲームを考えたり、工夫して楽しく食べようと努力する場面がいい。それにしても、懸命に仕事をしていてご飯が食べられない、というのは、明らかに社会がおかしいのではないでしょうか。社会で解決して欲しい課題。