読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

カボチャのなかにたねいくつ?

 

カボチャのなかにたねいくつ?

カボチャのなかにたねいくつ?

 

 チャーリーは、学校もテフィン先生も友達も大好き。でも、クラスで一番小さいことをちょっと気にしている。ある日先生がカボチャを3個持ってきた。大きいカボチャと中ぐらいのカボチャと小さいカボチャ。それぞれの種の数を考えてみることになる。大きいカボチャはタネもいっぱいだよと、みんなで予想を立ててから、タネ数えスタート! はたしてその結末は? カボチャを切らないで、タネの数をあてる方法や、それぞれの数え方の工夫、そして小さくても中身がきちんとあるから大丈夫だと気付くチャーリーなど、とてもよくまとまっていてきもちいい。