児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

小学校高学年以上

ローワンと魔法の地図

ローワンと魔法の地図 (リンの谷のローワン 1) 作者:エミリー ロッダ あすなろ書房 Amazon リンの谷の水が枯れてしまった。村の若者たちは、原因をさぐるために竜がいるという水源の山に向かう。気の弱いローワンはそんな冒険は願い下げなのだが、なぜか魔…

ジークメーア 小箱の銀の狼

小箱の銀の狼 (ジークメーア) 作者:斉藤 洋 偕成社 Amazon 母と二人で暮らすジークメーア。時間によっては入口が海中に消える洞窟で、隠れるように住んでいるが、治癒や予言の力がある母のおかげで、暮らしには困らず、村での扱いも丁寧だ。暗闇でも見える目…

ジャングルの少年

ジャングルの少年 (世界傑作童話シリ−ズ) 作者:チボール・セケリ 福音館書店 Amazon 汽船がアマゾン河で難波。川岸に逃れた一行の前に現れたのはインディオの少年クメワワ。七面鳥を仕留め、魚を獲り、パイナップルやはちみつを集めて、一行を助けてくれる。…

ほんとうのリーダーのみつけかた

ほんとうのリーダーのみつけかた 作者:梨木 香歩 岩波書店 Amazon 『僕は、そして僕たちはどう生きるか』の文庫化に当たっての講演がベースになっている。群れることで落ち着く自分たちを自覚しながら、自分の中に自分を見つめるもう一人の自分をもって流さ…

台所のマリアさま

台所のマリアさま (評論社の児童図書館・文学の部屋) 作者:ルーマー・ゴッデン 評論社 Amazon 自分の中に閉じこもるグレゴリーは、ウクライナ人のお手伝いのマルタにだけは、すぐに心を許した。故国を離れイギリスへ来て22年、友人にも家族にも会わず、マル…

妖精ディックのたたかい

妖精ディックのたたかい 作者:キャサリン・M・ブリッグズ 岩波書店 Amazon 中世のイギリス。コッツウォルド地方の小さな村の屋敷に、家つき妖精ディックは何百年も暮らしている。そのウィドフォード屋敷に新しい住人が引っ越してきた。ウィディスン氏と若い…

荒野にヒバリをさがして

荒野にヒバリをさがして (児童書) 作者:アンソニー・マゴ―ワン 徳間書店 Amazon 2020年カーネギー賞受賞作。復活祭の休暇で退屈していたニッキーとケニーは、父さんの勧めで郊外のハイキングに出かけることにした。兄のケリーは特別支援学級に通っているので…

カイウスはばかだ

カイウスはばかだ (岩波少年文庫) 作者:ヘンリー・ウィンターフェルト 岩波書店 Amazon 古代ローマが舞台だが、現代にもいそうな少年たちのありがちないざこざが、大きな事件へ展開するスリルと謎解きがおもしろい。貴族の子息たちが通うクサントス学校。7…

銀のさじ  シーボルトのむすめの物語

銀のさじ―シーボルトのむすめの物語 (文学の扉 13) 作者:竹田 道子 金の星社 Amazon シーボルトの娘として混血児という宿命を背負ったイネの物語。父シーボルトのことを聞かされ続け、同時に当時はきわめて少ない混血児として差別され、女医として自立をめざ…

ヒナゲシの野原で 戦火をくぐりぬけたある家族の物語

ヒナゲシの野原で: 戦火をくぐりぬけたある家族の物語 (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 作者:マイケル・モーパーゴ 評論社 Amazon 第一次世界大戦で激戦が行われたベルギーのフランダース。マルテンスの父さんは、2005年にその戦争の不発弾のせいで命を落…

バサラ山スケッチ通信 山のくらしと動物たち

山のくらしと動物たち (バサラ山スケッチ通信) 作者:鈴木 まもる 小峰書店 Amazon 標高608mの里山で暮らす日々をスケッチと共に紹介している。いろいろな動物との出会い、山の手入れ、畑を作るが動物に荒らされることもある暮らし。実際のところ収支で考え…

黄色い星 ユダヤ人を守った国王とデンマークの人たちの物語

黄色い星: ユダヤ人を守った国王とデンマークの人たちの物語 作者:カーメン・アグラ・ディーディ ビーエル出版 Amazon ナチスに占領された小さな国デンマークの抵抗の物語。「ヒットラーのカナリア」(ヒトラーのために歌を歌う小鳥)とも言われながらも、宮…

北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

北欧に学ぶ小さなフェミニストの本 作者:ブーレグレーン,サッサ 岩崎書店 Amazon ある日、新聞を見ていたエッバは、世界の権力者という写真にG8首脳の”おじさん”しか写っていないことに驚き腹をたてる。世の中の不平等を変えたい子どもたちが、フェミ・クラ…

銀のスケート―ハンス・ブリンカーの物語

銀のスケート―ハンス・ブリンカーの物語 (岩波少年文庫) 作者:メアリー・メイプス ドッジ 岩波書店 Amazon オランダの子どもたちの冬の楽しみは、凍った運河をすべるスケート。そして、スケート大会で優勝すれば銀のスケートがもらえるのだ。しかし、ハンス…

大根はエライ

大根はエライ (たくさんのふしぎ傑作集) 作者: 久住昌之 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2018/01/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 絵本のような感じで、よみきかせにも使えそう。地味な脇役だけどないと困る味。解毒効果で、食中毒を…

料理図鑑

料理図鑑 『生きる底力』をつけよう (Do!図鑑シリーズ) 作者:おち とよこ 発売日: 2006/11/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) 「ことば」「道具」「食材」「調味料」「飲みもの」「安全と健康」「お楽しみ」と別れて、さまざまな解説が載っている。一番多…

農家になろう② ミツバチトトモニ

ミツバチとともに―養蜂家・角田公次 (農家になろう) 農山漁村文化協会 Amazon 写真で紹介されるノン・フィクション。群馬県赤城山麓の養蜂農家角田公次さん積子さん夫婦の物語。50年も養蜂をしている公次さんは、蜜蜂の羽音で蜜蜂の巣の中の様子がわかるよ…

サステナブル・ビーチ

サステナブル・ビーチ 作者:小手鞠るい さ・え・ら書房 Amazon 七海は小学校6年生の男の子、母ちゃんはアメリカ人で新聞社でバリバリ働いている。父ちゃんは日本人で料理が得意。昔はレストランで働いていたけど、今はケータリングといって、注文された料理…

翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば 作者:エラ・フランシス・サンダース 創元社 Amazon アイディアは面白いが、取り上げられている言葉が、言い回しが面白いもの、例えば「ドラッヘンフッター:竜の餌:夫が悪い行いをした時に妻に許してもらうためのプレゼント。とい…

ぼくが5歳の子ども兵士だったとき

ぼくが5歳の子ども兵士だったとき―内戦のコンゴで 作者:ハンフリーズ,ジェシカ・ディー,チクワニネ,ミシェル 汐文社 Amazon ミシェルは、家でたった一人の男の子として大切に育てられていた。父は人権派の弁護士、内戦下のコンゴではあっても、戦争の影を気…

子どもSDGs

こどもSDGs(エスディージーズ) なぜSDGsが必要なのかがわかる本 作者:バウンド カンゼン Amazon そもそもSDGsとはどういうことか? という概略をつかむのには有用。「第1章みんなの周りのさまざまな問題を理解しよう」で問題提起をしてそれに対して第2章…

地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル

地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル 作者:山本 敏晴 小学館 Amazon ツバルの美しい写真と子どもたちのメッセージが中心の本だが、読んでいてわからないことがあった。ツバルの産業はなんなのか? それからp47のゴミ。「先進国からたくさんの品物が持ちこまれ…

もしもトイレがなかったら

もしもトイレがなかったら (ちしきのもり) 作者:篤, 加藤 少年写真新聞社 Amazon トイレがなかったら、という導入で災害時のトイレのことを扱っているが、災害時のトイレ解説は5章。全体に内容が行ったり来たりする感じを受けた。たとえばp103で携帯トイレ…

SDGsのきほん 労働と経済

労働と経済 目標8 (SDGsのきほん未来のための17の目標 9) 作者:茂勝, 稲葉 ポプラ社 Amazon 労働問題と経済成長を取り上げた巻。でも例えば「働きがいも経済成長も」とは? というページでは、ベトナムの電子部品の工場の写真が出ているが、パーツを貼り付け…

わきだせ! いのちの水

わきだせ! いのちの水 (フレーベル館ノンフィクション) 作者:たけたに ちほみ フレーベル館 Amazon 大野篤志さんは、交通事故で大けがをしたことをきっかけに、自分の生き方を考えた。そんな折、アフリカで上総掘りという機械を使わない伝統工法で井戸を掘る…

わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて

わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。―児童労働者とよばれる2億1800万人の子どもたち 作者:岩附 由香,白木 朋子 合同出版 Amazon 世界中のさまざまな児童労働の実態と、それをどう改善したらよいのかを提示。低賃金で、もしくは売られたり、親の借金のせいで…

ゴリランとわたし

ゴリランとわたし 作者:フリーダ・ニルソン 岩波書店 Amazon スウェーデンの児童文学。こどもの家ヨモギギク園で暮らしているヨンナは、9歳のある日、突然子どもを引き取りたいと来たゴリラのゴリランに引き取られることになってしまった! おそろしいオン…

青いつばさ

青いつばさ (児童書) 作者:シェフ・アールツ 徳間書店 Amazon ジョシュは、11歳。5歳年上の兄ヤードランの面倒をずっと見てきた。大好きで大きな兄だが、心は小さな子どもで、夢中になって興奮すると、何も他のことが目に入らなくなって突き進んでしまう。…

みつばちと少年

みつばちと少年 作者:村上 しいこ,高山 裕子 講談社 Amazon 雅也は、中学生になったら一人で遊びに来てもいいといったおじさんの所へ夏休み遊びに来た。三重から電車を乗り継いで北海道へ、おじは養蜂家でミツバチを飼っている。ところが、叔父の家ではなく…

気温が1度上がると、どうなるの? 地球の未来を考える 気候変動のしくみ

気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ: 地球の未来を考える 作者:クリスティーナ・シャルマッハー・シュライバー 西村書店 Amazon 地球変動や温室効果ガスについて基本的な情報が説明されている。気候について自然科学のメカニズム、歴史的な変…