児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

魔女モティ

 

魔女モティ (文学の扉)

魔女モティ (文学の扉)

  • 作者:柏葉 幸子
  • 発売日: 2004/07/13
  • メディア: 単行本
 

 紀恵は小学校5年の女の子。優秀なお姉ちゃんとかわいい弟に挟まれて、パッとしない自分は損だと思っている。今日も、仕事から帰ってきたお母さんから買い物を頼まれて反発してけんかになって飛び出した。なぜって、紀恵の誕生日なのにお母さんが忘れていたから。公園でどうしようと悩んでいたら黒猫に話しかけられた! 家族になってくれる子をさがしている。なってくれたら望み通りのおうちを提供してくれるというのだ。行く当てもないので了承したら、ふしぎな家に連れていかれた、なんとお母さんは魔女モティ、お父さんはドジでサーカスから追い出されたピエロ。モティは、あまりに成績が悪いトラブルメーカーなので、学校を卒業させるに当たって、見張り役に家族をつけようということになったというのだ。魔女は人を魔法で助けなければならないというのに、やる気ゼロ。それでもイヤイヤながら、魔女にあこがれて引きこもってしまったお母さんやら、子どもを置いて海賊業に励んでいたのに寂しくなって子どもをひきとろうとするお母さんなどとかかわることになる。登場するお母さんの設定や子ども側からの思いがちょっとユニーク。お母さんたちも間違えたり身勝手だったりするよね!

トンカチと花将軍

 

トンカチと花将軍 (福音館文庫 物語)

トンカチと花将軍 (福音館文庫 物語)

 

 まち中の花が消えてしまった。トンカチは、犬のサヨナラとともに、花が大好きなさくらちゃんのために誕生祝に花を探しに出かける。ところがサヨナラは、途中で見かけた白くてフワフワしたものを追いかけて行方不明になってしまった。サヨナラを追いかける途中で知り合ったみずたまりのジャボチンスキーに助けを求めるようにと教えられ、あねもね館を目指す。そこでねこのヨジゲン、あらいぐまのトマト、くまのブンブン、そして自分のクシャミと戦っている花将軍に出合う。サヨナラはどこへいってしまったのか? 仲間の助けを借りながら、ついに暗黒の森をめざすトンカチ。ことば遊びのような登場人物の名前や「私は殺される」という謎のメッセージの爆笑種明かしなど、ユーモラスな展開が楽しい。さいご、サヨナラを取り戻す方法もなかなかのものです。

個人的な思い出だが、この物語は大学の授業の中で最初に出会った。いまだに、本を読んでくれた先生の声が耳に残っている。今回読み返して、あの時の先生の声が聞こえてきた。児童文学について教えてくれた先生に感謝!

猫の楽園 ゾラ ショートセレクション

 

 不劇の死を迎えた少女の館で、その少女の幽霊を見た「アンジュリーヌ」や、宣伝文句を皮肉った「広告の犠牲者」。じゃまな夫を殺したが、結局その陰におびえる「恋愛結婚」。家猫からノラ猫へと境遇を変えてみて自分の生活を見直す「猫の楽園」など、読みやすいし、このくらいの話なら考えられそうな感じがしたが、そうしたちょっと俗っぽさがゾラの特徴か? 「オリヴィエ・ベカイユの死」は、早すぎる埋葬で生きながら埋められてしまう恐怖、「血」は、戦場での兵隊たちの悪夢で、ストーリー展開がどう展開するのかとちょっとハラハラ。「コックヴィル村の酒盛り」は、ちょっとあっけらかんとしたホラ話めいた物語。ゾラの長編は読んだことがないのだが、こういう作家ならチャレンジしたら読めるかも、というような取り付きやすさがある。ちょっと読書家の中高生なら、これを入口として長編にチャレンジするかも。

和食のえほん

 

 

和食のえほん (たのしいちしきえほん)

和食のえほん (たのしいちしきえほん)

  • 発売日: 2017/09/06
  • メディア: 単行本
 

 実際の執筆は蓮田愛となっているが、この人物についての紹介は無。主な参考文献には、他社の児童書やNHK美の壺」などもあがっている。子どもたちが、他の本を調べたいときの参考として使えるようにとの配慮なら良いが、本当にこういう参考文献をまとめただけなら、ちょっと心配かも。中はイラストで表現。和食の定義や和の食材、だし、郷土料理、食べるときの作法などが幅広く紹介されているが、詳しく調べるための本と言うより概要をつかむ本。

かつおぶしのまち

 

かつおぶしのまち
 

かあさんの故郷は、鹿児島県の南の先っぽ、まちでは、みんながかつお節を作っている。おじいちゃんの乗ったかつお船が港にかつおを運んでくると、かつおは切り分けられ、ゆでられ、いぶされ、乾かし、6カ月もかかっておいしいかつお節になる。かつお節を煮た汁も、とりのぞいた骨も内臓も手を加え、塩辛やペットフードにと無駄なく使う。かつお節ができるまでを、主人公の女の子と一緒に楽しく見学するような絵本。 

こんぶのはまべ

 

こんぶの はまべ
 

 北の海に夏のこんぶ漁の季節がやってきました。こんぶを集め、きれいな小石が敷かれた干場で乾かしておいしいしいこんぶに仕上げます。家族みんなで手伝うようすが、大変だけどとても楽しそう。水彩の絵が、美しい自然のようすをよく伝えてくれています。

坂元廣子のだしの本

 

 食べ物をおいしくする決め手は「だし」。こんぶ、かつおぶし、煮干しのような基本のだし以外にも干しシイタケやいり大豆、魚のアラなどおいしいだしがとれるものがいろいろある。それぞれのだしの取り方と、そのだしに合ったおいしいお料理の作り方が紹介されている。日本の料理だけでなく、世界のだし料理も紹介。お料理を作る前の準備と後片付けもちゃんと載っています。ただし、お料理は基本1ページに1点。写真4枚で手順が説明されているので料理に慣れている子か、理解している大人がサポートして作るのがいいと思われる。