読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ニブルとたいせつなきのみ

 

ニブルとたいせつなきのみ

ニブルとたいせつなきのみ

 

「どろんこハリー」のコンビによる作品。ニブルは、ごちそうの木の実であそびたくなった。お母さんが、大切にといったのに、一緒に遊ぼうといってきたおじさんが、野球でボールを飛ばすように、木の実を飛ばしてくすねられてしまいます。ところが、ごちそうがなくなって外食したレストランにその男がいました。ニブルは、どうしようかと考えますが、意を決して返すように言いに行き、その木の実で作ったごちそうに、パパが払ったお金を取り戻します。絵が、かわいいけど、子どもどうしならともかく、相手は大人なので、ちゃんと罰を受けてほしかった!