児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

Cふつう

コーヒーを飲んで学校を建てよう

コーヒーを飲んで学校を建てよう: キリマンジャロ・フェアトレードの村をたずねる 実生社 Amazon アフリカの最高峰キリマンジャロの名を有名にしたコーヒー。それは、タンザニアから世界中に輸出されています。コーヒーを飲んで産地の村に図書館や学校を建て…

いろんないきもの かぞくのカタチ

いろんな いきもの かぞくのカタチ (福音館の科学シリーズ) 作者:澤口 たまみ 株式会社 福音館書店 Amazon カラス、クマノミ、ゴリラなどの生き物が、新しい命を育てるようす、家族の姿を絵と文章でつづり、巻末に少し詳しめの解説をのせた。 コウテイペンギ…

ミルクこぼしちゃだめよ!

ミルクこぼしちゃだめよ! 作者:スティーヴン デイヴィーズ ほるぷ出版 Amazon 西アフリカの小さな村に住む女の子ペンダ。ヒツジを連れて山へ行っているおとうさんに、ミルクを届けます。ミルクをたっぷり入れたおわんを頭にのせて、こぼさないように気をつけ…

チトくんとにぎやかないちば

チトくんと にぎやかな いちば (児童書) 作者:アティヌーケ 徳間書店 Amazon お母さんの背中に負ぶわれて市場へやってきたチト。きょろきょろしていると、お店の人がバナナをくれたりココナツをくれたり。チトは1つ食べては、残りをお母さんの頭のかごの中…

ヴィンセントさんのしごと

ヴィンセントさんのしごと (こどものとも絵本) 作者:乾 栄里子 株式会社 福音館書店 Amazon ヴィンセントさんは、毎朝7時に起きて仕事へ出かけます。ヴィンセント事務所に着くと、郵便受けには、世界中の子どもたちからの手紙。ヴィンセントさんは、1つ1…

あさいち

あさいち (かがくのとも絵本) 株式会社 福音館書店 Amazon 今年の元日に起こった能登半島地震で焼失してしまった、輪島朝市を取材した1980年の作品。復興支援のため復刊された。 早朝の暗いうちから、自慢の品物をかついだり荷車に乗せたりして、売り子のお…

はじめましてのダンネバード

はじめましてのダンネバード 作者:工藤 純子 くもん出版 Amazon 2学期が始まって1週間。4年3組の蒼太のクラスに、転校生がやってきた。エリサ・ビソカルマ。顔も髪も茶色、黒目の大きなネパールの女の子だ。 エリサは、蒼太の隣の席になったが、日本語が…

毎日がつまらない君へ

10分後に自分の世界が広がる手紙:毎日がつまらない君へ (学校がもっとすきになるシリーズ) 作者:佐藤 慧 東洋館出版社 Amazon フォトジャーナリストの著者が、40か国以上を取材した経験を短くつづった7編。 貧しさや災害、民族紛争、環境破壊など、困難や不…

八助の寺子屋日記 その二話

八助の寺子屋日記 そのニ話 (学校がもっとすきになるシリーズ) 作者:飯野 和好 東洋館出版社 Amazon 寺子屋に通って3年がたつ八助は10才。寝坊してあわてて出かける途中、縄でしばられた河童を助けて遅刻。お師匠さまに言い訳をすると、「河童とな!わしは…

八助の寺子屋日記 その一話

八助の寺子屋日記 その一話 (学校がもっとすきになるシリーズ) 作者:飯野 和好 東洋館出版社 Amazon 江戸時代、寺子屋で学ぶ子どものようすをいきいきと物語る絵本。 9才の八助は、お寺の一室を使った寺子屋に通うところ。浪人のお侍のお師匠さまから、いろ…

アーマのうそ

アーマのうそ 作者:キャロル・ライリー・ブリンク 文渓堂 Amazon 転校生で友だちのいないアーマ。ある日、クラスメイトのジュディに声をかけられたうれしさで、「世界一大きな人形を持ってる」と、うそを言ってしまいます。 またたく間にうわさは広まり、収…

みどりいろのつりがね

みどりいろのつりがね 作者:オトフリート・プロイスラー 好学社 Amazon プロイスラーと彼の作品『クラバート』の表紙画を描いたホッツィングのコンビによる絵本。イワンが畑で見つけたみどりいろの釣鐘は、美しい音色で村人たちを癒す希望の音色で鳴りました…

空にうかんだ大きなケーキ

空にうかんだ大きなケ-キ (イタリアからのおくりもの5つのちいさなファンタジア) 作者:ジャンニ ロダーリ 汐文社 Amazon 4月のある朝、イタリア・ローマの町トゥルッロの上空に、突然なぞの物体があらわれた。大きくてまるいもの。 火星人だ!宇宙船だ!と人…

きつねがはしる―チェコのわらべうた

きつねがはしる──チェコのわらべうた (岩波の子どもの本) 岩波書店 Amazon チェコのわらべうたを、くっきり愉快な挿絵とともに、たっぷり38編。声に出すと、そのリズム感が楽しめます。 編訳者は子どもの頃チェコスロバキアに暮らし、チェコ語でわらべうたを…

こころってなんだろう

こころってなんだろう (講談社の創作絵本) 作者:細川 貂々 講談社 Amazon 心は目に見えないけれど、「だれにでもある」「どれも同じように動いて」毎日「だれかとかかわるときに動く」もの。そして、心が動いて生まれるいろんな気持ちを伝える「コトバ」と、…

おかし ~おかしってはたらきもの!~

おかし (たくさんのふしぎ傑作集) 作者:なかがわ りえこ 株式会社 福音館書店 Amazon 小学3年生のなおきの日常や成長をえがきながら、おかしのいろいろな側面を紹介していきます。 生まれて初めて食べたおかし、幼い子にとっては大事な栄養、るすばんもおや…

チョコレートのおみやげ

チョコレートのおみやげ 作者:岡田 淳 ビーエル出版 Amazon 小5のわたしは、お母さんの妹のみこおばさんと神戸の異人館を歩いた帰り、港の公園でひと休み。甘いチョコレートを口の中でとかしながら、おばさんの語るお話に耳を傾ける。 それは、坂道の洋館に…

「くうき」が僕らを呑みこむ前に

「くうき」が僕らを呑みこむ前に: 脱サイレント・マジョリティ 作者:山田健太,たまむらさちこ 理論社 Amazon 著者は言論法が専門の教授。児童向き著作はなさそう、イラストが補助しているが、読むには一定の予備知識が必要な感じ。内容は民主主義や、社会に…

地図と星座の少女

地図と星座の少女 作者:キラン ミルウッド ハーグレイブ 岩波書店 Amazon 作者は1990年生まれ、若い! 物語はジャヤ島に住む地図職人の娘13歳のイサベラが主人公。この島は、かつて海を自由に漂っていたが、ヨーテという炎の魔物に捕まり、島を飲み込もうと…

クリスマスにゆきがふりますように

クリスマスに ゆきが ふりますように (講談社の翻訳絵本) 作者:シビル・ドラクロワ 講談社 Amazon 明日はクリスマスなのに雪がふりません。リュシーと弟は窓の外を見て心配しています。でも、ふとんに入りスノードームを振ったら、あれ! 雪が降ってきた。弟…

ロドリゴ・ラウバインと従者クニルプス

ロドリゴ・ラウバインと従者クニルプス 作者:ミヒャエル・エンデ,ヴィーラント・フロイント 小学館 Amazon 人形劇団の両親と旅するクニルプスは、冒険に憧れて、恐ろしい盗賊騎士ロドリゴ・ラウバインの元を訪ねた。だが、ロドリゴは、本当は気が弱くて怖が…

10歳から知っておきたいお金の心得

10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方 (10歳に贈るシリーズ) えほんの杜 Amazon 全国の小中高校で、お金教育・キャリア教育を行うファイナンシャルプランナーなど講師5人による紙上授業。ゆるキャラのような動物たちのイ…

学校では教えてくれないお金の話

学校では教えてくれないお金の話 (14歳の世渡り術) 作者:金子 哲雄 河出書房新社 Amazon お金とは、モノの値段の決まり方、お得な買い物の極意などを、「お金持ちってどんな人?」「ドリンクバー、何杯飲めばモトがとれる?」「世の中でいちばんもうかる仕事…

はたらく

はたらく 作者:長倉 洋海 アリス館 Amazon 世界の子どもたちが「はたらく」さまをとらえた写真絵本。 ネパールでは、冬虫夏草を探してヒマラヤを歩く子のけわしい表情を。アマゾンの森では、えものを弓矢でねらう厳しい視線の真剣さ。 エルサルバドルでコー…

僕らが学校に行く理由

僕らが学校に行く理由 (ポプラ社ノンフィクション 42) 作者:渋谷 敦志 ポプラ社 Amazon 世界の紛争、飢餓、貧困、児童労働などの現場を訪ね、学校に通えない、あるいはそんな状況でも学ぶ子どもたちの姿を写真に収めた。訪れたのは、南スーダン、ウガンダ、…

すなはまのバレリーナ

すなはまのバレリーナ 作者:川島京子 のら書店 Amazon 日本にバレエを伝えたロシア人バレリーナ、エリアナ・パヴロバの功績を伝える絵本。 ロシア革命のふるさとを逃れ、1919年日本へ亡命してきたエリアナは、鎌倉に日本初のバレエ学校を開いた。全国から生…

アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハローウィンのための連作)

アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作) (福音館の単行本) 作者:小沢健二と日米恐怖学会 株式会社 福音館書店 Amazon アメリカでのお菓子をねだるハロウィーンの起源が、実は世界恐慌で社会が荒れていた時に、子どもも荒れて破…

音楽をお月さまに

音楽を お月さまに 作者:フィリップ・ステッド ぷねうま舎 Amazon ハリエットの両親は、娘がオーケストラでチェロを弾くこと望んでいました。でもハリエットは、ひとりで弾きたい。 ある晩、部屋でひとり静かに弾いていると、フクロウが鳴いてじゃまをします…

キュリオと月の女王

キュリオと月の女王 (わくわくライブラリー) 作者:斉藤 洋,ももろ 講談社 Amazon わたしは、しろくま。名前はベベ。わたしのところへは、キュリオという男の子がよくやって来て、いろいろと難題を言ってくる。 ある日も、「月の女王さまに、会いにいかないか…

続 あしながおじさん

続 あしながおじさん (偕成社文庫4061) 作者:ジーン ウェブスター 偕成社 Amazon 「あしながおじさん」でジュディーの親友だったサリーが、孤児院の院長になって改革に奮闘する日々を、サリーの手紙でつづる。 相手は、ジュディーのほか、政治家である婚約者…