読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ベッツィ・メイとこいぬ

フィクション 小学生以上 A特におすすめ Bおすすめ

 

ベッツィ・メイと こいぬ

ベッツィ・メイと こいぬ

 

 6歳の女の子ベッツィ・メイのささやかな日常を舞台とした短編集。読んであげれば5歳児くらいにとても喜ばれそう。初めてひとりでポストに手紙を入れに行くことになった誇らしさ、だけどいざポストに着いたら入口に手が届かない困惑。それをちゃんと助けてくれる(自分で入れられるように)ご近所さん、など、小さい子の気持ちがよく出ている。怖そうなおばさんに偏見をもったり、ビスケットを食べちゃった犬を怒ったり、と、誤解ではじまって仲良くなるパターンがやや多すぎ? の面もあるけど、その気はなかったのに、次々と悪いことをしてしまうあたりとか、幼児の共感をよびそう。