児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ゆびぬき小路の秘密

 

ゆびぬき小路の秘密 (福音館創作童話シリーズ)

ゆびぬき小路の秘密 (福音館創作童話シリーズ)

 

イギリスを舞台とし、イギリスの男の子を主人公とした、日本人作家のタイムファンタジー。バートラムは、引っ越し先の街で買ってもらった中古のコートについている5個のボタンに心惹かれる。そのボタンは、一角獣の角でできているという言い伝えがあり、バートラムを過去の世界へ連れていってくれるのだった・・・。6度目の訪問で戻れなくなる緊迫感とボタンさがしがきれいにまとまっているが、友人になりかけるマークとのつながりなど弱い感じが残念。 

タイガー・ボーイ

 

タイガー・ボーイ (鈴木出版の児童文学―この地球を生きる子どもたち)

タイガー・ボーイ (鈴木出版の児童文学―この地球を生きる子どもたち)

  • 作者: ミタリパーキンス,ジェイミーホーガン,Mitali Perkins,Jamie Hogan,永瀬比奈
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 ニールには言葉の才能が有り、英語や国語の成績が抜群だ。校長先生はニールを見込んで、奨学金の試験を受け、合格して大都市の進学してエリートになることを期待しているが、あいにく数学の成績が苦手で難航している。また、大好きな故郷や家族と離れて生きるなんて気が進まない。校長先生は家まで来て父さんに家庭教師をつけて勉強させろと言うが、家にそんなお金はなく、ニールはますますいたたまれない。姉さんのルパも優秀だけど、家族のために早々に学校をやめている。そんな折、保護区からトラの子が逃げた。金で地区を支配している新参者のグプタは、トラの子をつかまえてブラックマーケットで売ろうとしている。借金で縛られている大人が抵抗できない中で、島中を遊びまわって知っている知識を総動員してトラの子を救おうと決意する。インド生まれのルーツを持つ著者が、進学できない子ども、資本が入って混乱する村、トラの密売など社会問題を自然な形で物語に活かしている。たぶん、現実はこれほどハッピーエンドにはならないだろうが、ニールが学ぶ意味に気づくところはいい。また、こうるさい校長先生が、やはり奨学金をとって学んだのちに、生まれ故郷に帰ってきた先輩だと知るところもステキでした。

ちいさいおうちうみへいく

 

ちいさいおうち うみへいく (ランドセルブックス)

ちいさいおうち うみへいく (ランドセルブックス)

 

街の真ん中にあるちいさいおうちは、年をとった船長さんが、船をまねてつくってくれた元気な家。周りの大きい家から相手にされないでちょっとさびしい。ある日、偶然に自分が歩けることに気付いたおうちは、自分みたいな小さいお家を夜な夜な探すが見つからない。そのうちにこの家の男の子のジョンにきづかれてしまう。海にあこがれたおうちは、ある日とうとう海辺まで歩いて行った。そこはちいさなおうちがいっぱいで大満足だが、お父さんは靴屋の仕事がなくて困ってしまった。街に帰ろうといってもおうちは嫌がるが、季節が変わると厳しい風や潮で痛めつけられてしまい、ついに街に帰った。お父さんも仕事が再開できてやれやれ。でも、夏が来ると、夏休みを海辺で過ごせると楽しいね、とお父さんが言ってくれて、おうちも元気に海に出かけて過ごせるようになる。なんということはないけれど、子どもたちにちいさいおうちの気持ちが素直に共感できて楽しい。 

ジョットという名の少年

 

ジョットという名の少年―羊がかなえてくれた夢

ジョットという名の少年―羊がかなえてくれた夢

 

 絵の好きな男の子ジョットは、絵を描くのに夢中になって、羊を一匹迷子にしてしまう。父親から叱られるジョットだが、折からまちにきた画家チマブーエにあこがれ、彼に顔料をもらって絵を描くと、チマブーエはそのできばえに驚いて彼を弟子とする。これはもう元ネタはヴァザーリの『美術家列伝』で、こうしたゴシップ的なこぼれ話というのは楽しいのだが、一冊にするならワンエピソードで終わりでは物足りない気がする。こういう偉人のエピソード絵本が量産され気味なのも、そういう気分になる一因かもね。

雨がふったら、どこへいく?

 

雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)

雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)

 

ふたごのリュックとマリオン(男の子と女の子、5~6歳)が友達のステフ(大学生くらいのお兄さん)と池に水槽のための水草を探しに行き、帰りに突然の雨に降られるお話。劇的なことはないが、楽しい小さな冒険が、気持ちよく描かれている。松岡達英氏の作品が好きな子などに喜ばれそう。 

3つ数えて走りだせ

 

3つ数えて走りだせ

3つ数えて走りだせ

 

 父親からいつも暴力を振るわれているアントワーヌと、同じ団地に住んでいる不法移民の子トミー。トミーと兄弟はフランス生まれだが、両親が不法移民のせいで、常に国外退去におびえている。ある朝、何気なく走り出した二人は、そのまま。無計画になんとなく走り出し、食べ物がなくなると万引きをし、夜は無人の家に侵入しながらいやなことを振り切るように走り続けた。最終的に、1週間380キロを走った二人は、自分たちの捜索ポスターを見て、警察ではなくテレビ局に行く。驚異的な距離を走ったことで、移民排除政策への抗議のシンボルとしてトミーは扱われ、一家は定住が認められる。アントワーヌもまた、注目の中で自分が父親に二度と殴られない立場を手に入れたことに気付く。ハッピーエンドだけど、これはたまたまの幸運。たくさんのトミーが、まだまだフランスにいるんだろうね。

虫はごちそう!

 

虫はごちそう! (自然と生きる)

虫はごちそう! (自然と生きる)

 

 虫をたべるなんて気持ち悪い、貧乏で食べるものがないからそんなものを食べてるんだ、という思い込みが覆される昆虫食の世界。実は牛肉より高い高級食材として売られていたり、自然のものだから体にいいと考えられている現地のマーケット。そして農薬を使わない農地で、さまざまな生き物を捕えて食料にする豊かな食生活。身近にあるものをおいしく食べて豊かに暮らす生き方そのものが語られる。日本での伝統的な昆虫食を守る人々のことも語られる。