児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

地底都市コロニアル6フォール 自由への落下 下

 

フォール 自由への落下(下) (地底都市コロニア 6)

フォール 自由への落下(下) (地底都市コロニア 6)

  • 作者: ロデリックゴードン,ブライアンウィリアムズ,Roderick Gordon,Brian Williams,橋本恵
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 バロウズ博士と2人きりになったウィルは、地下基地を見つける。どうやら世界大戦中に作られた基地と思われ、そこにあった物資で地上に戻る。地上では無事にドレイクや養母と再会できた。だが、チェスターたちを救いウィルスを阻止するため、再度地下にもぐる。地下でチェスターたちと合流を果たした一行は、バロウズ博士の思惑もあり、さらに地下を目指す。そして地下に謎の文明があることをつきとめた。そしてレベッカたちの痕跡も。一方地上部隊は作戦が失敗し、バロウズ夫人はつかまりダークライトの尋問にさらされ、廃人と化すが同情したコロニア人に引き取られる。そして、地下世界ではウィルたちは第二次世界大戦中のドイツの爆撃機が空を舞うのを見て愕然とするのだった。
とまぁ、ますますエキサイティングしながら続く、で終了。だらけたバロウズ夫人が、急に母性にめざめて強靭な戦士の心を持ってしまったり、あれだけ抜け目ないスティックスが地上との大規模通路に気づかなかったり、大規模通路があれば、それなりの応援要請可能では?だったりとつっこみどころ満載だが、ともかく読んでしまう。漫画化連載したら、こうしたアラがめだたなくなるから人気連載になりそう。

地底都市コロニアル5フォール 自由への落下上

 

フォール 自由への落下(上) (地底都市コロニア 5)

フォール 自由への落下(上) (地底都市コロニア 5)

  • 作者: ロデリックゴードン,ブライアンウィリアムズ,Roderick Gordon,Brian Williams,橋本恵
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 追放された人間を助けているというドレイクと、ドレイクに救われた過去を持つ美少女エリオット。ウィルはエリオットに惹かれるが、自分は足手まといの存在でしかないとクヨクヨする。一方、ウィルの養父バロウズ博士はディープスに適応している糞石人に面倒をみてもらっていたが、地下に新たな動きが起こり、糞石人は移動。一人で地下世界を彷徨ううちに不思議な古代遺跡を見つけるものの、巨大な甲殻類に追われ、謎の大穴に転落する。ウィルたち一行は、襲撃を受ける、その中で、レベッカたちが地上を攻撃するウィルスの開発施設に遭遇、その恐ろしさを目の当たりにする。ドレイク離れた後に、サラと遭遇するが、刺族と思い込み狙撃、サラは重傷を受ける、誤解は解けたものの別れ別れに。一行は追い詰められ、やはり大穴に到達。カルが狙撃され、互いをつないでいた綱にひかれて一行は転落。それをみた瀕死のサラは、ウィルスを持ったレベッカを道連れに、大穴へと飛び込む!
滅びたはずの太古の生き物、穏やかな糞石人、謎の古代遺跡、そして生き延びるための暗視ゴーグルなど、映画化しても面白そう。アルアルの俗っぽい展開ながらもわくわくと読み進んでしまう。しかし、やっぱこういうところに出てくる女の子は美少女戦士なのよね。

地底都市コロニアル4ディープス サバイバーの絆下

 

ディープス サバイバーの絆(下) (地底都市コロニア 4)

ディープス サバイバーの絆(下) (地底都市コロニア 4)

  • 作者: ロデリックゴードン,ブライアンウィリアムズ,Roderick Gordon,Brian Williams,橋本恵
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/08/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 大穴に落ちたウィルたち。不思議なことに、地下世界は重力が弱く、柔らかいキノコの上に落ちて助かった。そこで出会ったマーサに世話をしてもらうが、傷ついたエリオットは意識が戻らない。親切だが、亡くなった息子の代わりを求めている?という疑惑が消えない中、レベッカが助けを求めてくる。もう一人のレベッカにおどされていただけというが信用できるのか? 一方地上の養母バロウズ夫人は、夫と子どもが失踪したことに立ち向かおうという気力を取戻し活動を始める。

エリオットを助ける薬を探すため、放置されたソ連のものとみられる原子力潜水艦にたどり着き、エリオットは持ち直すが、そこに養父バロウズ博士とともにレベッカ一行がたどり着く。結局のところすべては二人のレベッカの仕組んだこと、対決の中で、ウィルは父を助けようとし、仲間と二つに別れてしまった。

地底都市コロニアル3ディープス サバイバーの絆上

 

ディープス サバイバーの絆(上) (地底都市コロニア 3)

ディープス サバイバーの絆(上) (地底都市コロニア 3)

  • 作者: ロデリックゴードン,ブライアンウィリアムズ,Roderick Gordon,Brian Williams,橋本恵
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/08/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 追放の刑にされたチェスターを助けるため、ディープスに向かう列車に潜入したウィルと弟のカル。無事にチェスターを救い出したが、到着したのは荒れた辺境の地だった。一方、ウィル兄弟の母サラは、地上で逃亡生活を続けていたが、行方不明になったウィルの手掛かりをつかもうとして接触したウィルの養母から足がつき、地下のスティックス(刺族)に捕まる。捕らわれるなら自害をしようとしたサラに、レベッカが取引を持ちかける。ウィルが、サラの弟カルを殺し逃亡中。悪に染まった自分の息子を捉えたくないか、と。レベッカの策にはまり、ウィルを捕まえようと決意するサラ。一方、地下世界では一番のベテランのカルは、さまよう中で暴走気味となり、チェスターと対立。挙句の果てに不用意に謎の植物に手を出して倒れてしまう。息をしていないカルに絶望した直後にドレイクスとエリオットという二人組に出会う。二人は、仮死状態のカルを救出してくれ、ウィルたちは行動を共にすることにする。

ギュレギュレ!

 

ギュレギュレ!

ギュレギュレ!

 

 ちょっと星新一風の味わいもある短編連作。ある朝突然にやってきた、トルコ人。日本語がペラペラで、不思議な商品を持ってくる。空飛ぶ絨毯、その中に入れたものを見えなくする筒、発電する雲などなど。値段は3万円とか5万円とか、もっともらしいがひどく高くはない。そして迎え入れる「わたし」が、こんな不思議なことがあるのに、意外と淡々としている。タイトルの「ギュレギュレ」は、トルコ語の「さよなら」らしいが、むしろ主人公がなかなか発音ができない「ギュナイドゥン」(おはよう)の方が、作品でもよく使われていてふさわしかったかも。ラストに、トルコ人が不思議な品物を持ってきた謎がちゃんと解明されるのがよい。

もしきみが月だったら

 

もしきみが月だったら

もしきみが月だったら

 

 お月さまは、ぽっかりうかんでるだけでいいな、という女の子に向かって、月は、自分がどんなに忙しいかを語ります。それが月の働き(地球の周りをまわる、潮の満ち引きを起こす、太陽の光を反射する)などを説明する科学絵本となっている。ページをめくりながら、お月様も頑張っているんだ! と、月についての理解が楽しく深まります。

王様でたどるイギリス史

 

 ローマ人の撤退以降の諸侯から始まり、6~7世紀に7王国が成立していたことを知り『七王国の玉座』のイメージの起源はここ?と思ったりした、アルフレッド大王、クヌート王などに始まり各王朝と、その特徴、その中でのイギリスの国民気質の形成を解き明かす。紳士の国でありながら、植民地支配や差別の国でもあるイギリス。王朝が変わる中で、自身の保身のために議会や国民との関係を構築していった王の姿は、面白かった。現在、王室が超政治的な存在として福祉やエコに関心を高めることで存続を図ろうとしている姿も興味深い。日本の皇室もイギリス的な道を模索しているようですが、イギリスの皇室のほうが、自分たちの道を自分たちで決めてるように見えます。