児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

モノ・ジョーンズとからくり本屋

 

モノ・ジョーンズとからくり本屋 (ものがたりの庭)

モノ・ジョーンズとからくり本屋 (ものがたりの庭)

 

 5歳の時にネティの本屋さんに置き去りにされた女の子がいた。その時10歳だったネティの息子のマイケルが、その子を落とし物の棚に置いたせいで、女の子は落とし物の「モノ」という名前になった。みんなで寝る前に本を読む習慣があったけど、モノはなんとなく真似をしてたので、ネティもマイケルも、モノに字を教えるのを忘れたせいで、モノは字が読めないまま11歳になったけど、本屋なのに字が読めないなんて、恥ずかしくて言えずに秘密にしていた。だけど、ジが読めない分、何でもよく観察する子になっていた。そのころネティの本屋は売れ行きが落ちていて、困っていたのだが、大変な幸運が転がり込んできた。有名な<モンゴメリー本の王国>の本屋さんをもらえる抽選に当たり、いろいろな本の部屋がレバー操作で現れるからくり本屋が手に入ったのだ。だが、直後にエリオットとギンベルという二人組が現れる。モンゴメリーに売ったシェイクスピアの直筆原稿の代金をよこせというのだ。調べると、モンゴメリーは、その戯曲にレモネードをこぼしてダメにしてしまい、逃げるためにネティに本屋を譲ったことが判明。エリオットたちは、<モンゴメリー本の王国>だけでなく、ネティの本屋や全財産まで賠償で取り上げてしまう。だが直後に、モノは鋭い観察眼で、シェイクスピア原稿が偽造であることを見抜いた。しかも、エリオットは偽造の名手で、これから大量の偽造古書で大儲けしようとしていたのだ。良心の呵責を感じて戻ってきた4人は、偽造古書が、偽造だとわかるように細工することで、二人の犯罪を明らかにすることに成功するが、エリオットもまたモノが字が読めないという秘密をばらしてしまった! 物語は二転三転しながらハッピーエンドに向かいます。とはいえ、ナンセンスストーリーとはいえ、モノは学校に行かないの? とか、偽造を見破るヒントはマイケルに教えてもらった知識だったりなど、なんだか設定が雑な感じが、個人的には好きになれませんでした。ロアルド・ダールが好きな小学校高学年の子どもに読んでもらって、感想が聞いてみたいです。

リトルベアーのふしぎな旅

 

リトルベアーのふしぎな旅

リトルベアーのふしぎな旅

  • 作者: リードバンクス,高橋由為子,Lynne Reid Banks,渡辺南都子
  • 出版社/メーカー: 佑学社
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 ドロボウに入った不良を撃退したものの、ヤケドを負ってしまったオムリは、その言い訳に苦労することとなる。友人のパトリックはオムリの家にいたいと言い張るし、パトリックのいとこのエマまで”小さい人”を目撃してしまう。作文のせいで校長先生にまで真相がバレそうになり絶体絶命! けれども、思いがけないことから解決に向かいます。細かいところにあらが見えますが、ドキドキハラハラで楽しく読ませて、無事完結しました。

リトルベアーとふしぎなかぎ

 

リトルベアーとふしぎなカギ

リトルベアーとふしぎなカギ

 

 「リトルベアー」の続編。オムリが自分の体験を元に書いた創作が賞をもらい、一年ぶりにリトルベアーと再会しようと決意したオムリ。だが、出会った彼は傷を負っていた。前作のインパクトは薄れたけれども、よいテンポで楽しく読ませる、この巻では完結せずに次へ続く。

リトルベアー 小さなインディアンの秘密

 

リトルベアー―小さなインディアンの秘密

リトルベアー―小さなインディアンの秘密

 

 オムリが誕生日に友だちがくれたプラスチックのインディアン人形。兄貴がくれたゴミ捨て場から拾ってきた戸棚、そしてお母さんからもらったおばあちゃんのものだったという鍵、この3つが組み合わさった時魔法が働き、インディアンは本当の生きた人間となった! リトルベアーとなのるインディアンはオムリの言うことなど聞かずに、堂々と自己主張する。だが、この秘密は長くは続かなかった・・・。ごく自然に魔法が働き始める展開が魅力。自分がコントロールできない状況に直面する主人公の気持ちを共感をもって読み進められる。

嵐をしずめたネコの歌

 

嵐をしずめたネコの歌 (児童書)

嵐をしずめたネコの歌 (児童書)

 

 コーンウォールに伝わる伝説を元にした物語。村は、マウスホールと呼ばれる嵐に強い港を持っていて魚がよくとれ、漁師のトムの家で飼われている猫のモーザーは、毎日おいしい魚料理を食べて幸せに暮らしていました。ところが、その冬はとんでもない嵐の大ネコがやってきます。湾から出て漁に行くことがができず、村中の食べ物は徐々になくなってきます。トムは村人のために嵐をおして漁に出る決心をし、モーザーも大好きなトムについていきました。モーザーは自分の鳴き声で嵐のネコをなだめ、トムは見事漁を成功させてクリスマス直前の12月23日に持ち帰ることができました。いまでも、この村では、23日にこれを記念してたくさんの魚料理を作る習わしがあるそうです。各ページにある繊細な挿絵が魅力。トムとモーザーが仲良く描かれた後ろ扉の絵も微笑ましい感じです。

こだぬきコロッケ

 

こだぬきコロッケ (こぐまのどんどんぶんこ)

こだぬきコロッケ (こぐまのどんどんぶんこ)

 

 たぬばけ道場38代目師範になるはずのポン吉は、けいこが嫌いで食べることや昼寝が大好きなのんきもの。練習をしても失敗ばかりで、ひげの生えたあったかい冷蔵庫になってしまい叱られています。さて、この山のオオカミは、おばあさんがバス停に忘れたコロッケを食べて、あんまりおいしいのにびっくり、丸くなって昼寝していたコロッケそっくりのポン吉を食べようとします。とび起きたポン吉に、たぬきに当たったじいさんがいるからたぬきなんか食わないけどコロッケが食べたかったのだと言い、ポン吉が人間に化け自分は犬のふりをして人間の村に行こうと誘います。コロッケ欲しさに村に行き、誰もいないのでコロッケをパクリ。奥から飛び出してきたおばさんにつかまって、ポン吉はお代がわりにコロッケづくりのお手伝いをすることになりました。残されたオオカミは心配して大騒ぎ、外に見に行ったおばさんと入れ替わりにのぞくとポン吉のシッポが飛び出しています。注意されてあわてて化けなおしたら暖かい冷蔵庫になってしまいました。事情を察したおばさんは、そこにコロッケをしまい、お客さんはアツアツのコロッケが食べられて大喜び。おばさんは、お礼に冷蔵庫にコロッケをくれたので、オオカミとタヌ吉は無事にコロッケをもって山に帰ります。自分が食べた分のコロッケをおばあさんに返すオオカミや、家族にコロッケを食べさせておいしいのにびっくりされて面目をほどこすポン吉、失敗が成功に結び付く満足行く結果へと進んでいく楽しい物語です。

もうひとつのワンダー

 

もうひとつのワンダー

もうひとつのワンダー

 

 顔に障がいがあるためにひどい扱いを受けたオギーが、自分の居場所をちゃんと手に入れるまでを描いた『ワンダー』のサイドストーリー。オギーをいじめていたジュリアン、幼なじみで親同士も仲が良いクリストファー、初日からオギーの案内役となったシャーロットの3人の物語。とりわけジュリアンがおもしろい。オギーをいじめまくるジュリアンだが、読んでいくと実は怖がりで小さい頃からゾンビ映像を見ただけで眠れなくなってしまう過敏な子だったことがわかってくる。祖母がジュリアンが実は単に生理的に怖かったこと、それを認めたくなくていじめに走ったことを見抜き、ジュリアン自身もそれに気づくところはとてもいい。こうした嫌味な敵役の内面を考えていくことは、とても重要だと思う。また、ある意味なりゆきで仲良くなったクリストファーが、成長するにつれてオギーといることで不愉快な視線を向けられるようになることでオギーへの友情を重く感じる辛さ、シャーロットがいい子ぶっていると批判されて、先生に言われたから優しくしているだけなのかと悩むようすなどいずれも共感できる。誰の心にもあるこの3人のような思い。『ワンダー』と一緒に読むと、物語が一層立体的になるが、必ず『ワンダー』を先に読むこと!