児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

封魔鬼譚 1尸解(しかい)

 

封魔鬼譚(1)尸解

封魔鬼譚(1)尸解

 

 宋の時代(1000年ごろ)を舞台としたホラーファンタジー。尸解とは、仙人になる方法の一つで尸(かばね=死んだ体)から魂が解脱することとのこと。主人公は14歳の李斗、大家の息子で第二夫人の次男。長男が画家になるといって家出をしたため科挙の期待を背負って詰め込み教育を受け、幸い記憶力がいいおかげでそこそこのとこに行けているが、優秀ではないことは自覚しているので自信

がない。さらに正妻に息子小李が生まれ、立場は微妙だ。しかも父が急死したため、跡継ぎ問題は大勢の使用人の派閥問題も絡んでもめている。素直は小李とは仲がよく、身を引きたいが派閥がらみで思うようにいかず悩ましい。学友の呂方に愚痴をいう毎日だ。そのころ泉州(東南の港町)には死んだはずの男が殺人鬼になった等の怪奇なうわさが流れ、小李の母は、父の死後怪しい天清教にハマり屋敷には怪しい人物が出入りして小李はおびえている。李斗は、助けを求めて妖魔退治をしてくれるという白鶴観に行くが忙しいと拒絶され、途方に暮れる中で妖魔に襲われ足を食いちぎられる。だが、気付いたとき、裸ではあったがけがはなかった。何がおこったのか? (この後はネタバレ)不老不死の研究の中で、血を与えると体も記憶も再生する媒介となるものが発明され、李斗はそれにやられたのだ。しかも体の中の「それ」は恐るべき力があり、「それ」が目覚めると李斗にはコントロールが効かない。しかも誰でもうまく再生されるとは限らない。いわばフランケンシュタインのような存在だが、その力で悪をたくらむ側と、そうした力をつぶそうという側のバトルに巻き込まれる、という話。気の弱い主人公、友情、美少女勇者など、エンタメ要素満載だが、何となくパッとしないと思ったのは、「宋」という時代の香りがないせいではないだろうか? 現代日本を、背景画だけ中国風にかいてみたけど、異なる価値観や、その時代に生きた人(たとえば異民族戦争の前線でつぶされる庶民の真の悲痛な雰囲気)が伝わってこないので、異世界を楽しむ醍醐味に欠ける感じだ。全3巻なので、後を読んでみたい。

紅に輝く川

 

紅に輝く河 (角川文庫)

紅に輝く河 (角川文庫)

 

 ファスール王国は、神官が力を持ち、国母が求心力を持つ女系国家。ところが国母と第二王妃が、ほぼ同時に出産して共に女児を生んだとき、不思議な占いがでた。第二王妃の娘は国母になる、国母の娘は国に危機きた後に国を救うという占いと、国に仇なすという占いがでたのだ。二人は、王妃たちにも秘めてすり替えられる。女系の国では、王妃もいとこ同士のため、互いに似ていて誰も気付かぬままに成長するが、第二王妃の子として育ったアスタナは、人の運命や名前がふと浮かぶ不思議な勘のよさを持ち、学問好きで自由奔放に育つ。鎖国的な政策をとるファスール王国にシーハン公国からやってきた留学生サルー。実は、彼はかつて時期神官長と目されながらアスタナが国に仇なすのを心配してアスタナ殺害を試み、国外追放になった神官ミーランの息子だった。南部と北部の地域格差、不作さえ蓄財のチャンスとして買い占めをする商人。第二夫人の座に不満を抱くカミーナと次期神官長を狙うモードンが結託して罠を張る中、民の幸せのためにアスタナは動く。下町で子どもを教えているタルダンなどサブキャラもなかなかよい。政治的な動きを物語の中に織り込んでいくこうしたエンタメ。とりあえず3部作はこれで終了のようですが、まだ続けようと思えば続けられそう。

白い月の丘で

 

白い月の丘で (カドカワ銀のさじシリーズ)

白い月の丘で (カドカワ銀のさじシリーズ)

 

 強国アインスに滅ぼされた国トールという架空の国を舞台としたファンタジー。とりたて美しいわけではないが、意志が強い笛の名手のマーリィ。幼馴染でトールの王子ハジュンは、密かにシーハン公国へ逃れていたが帰ってきた。そのころマーリィの元に貧乏貴族の息子と称して通ってきていた青年カリオル。だが、実は彼こそアインスの王子った。と、いうわけで、平凡な女の子にイケメン王子二人が心をよせるというありえないだろうの設定だが、意外なのはここでハジュンがお家再興をもくろむ旧軍隊の生き残りと距離を置こうとするところだろう。シーハン公国で民主主義を知り、統治は文官あってのことときちんと理解して、闘って勝っても、その後をどうするかを見据えている王子が、こうしたライトノベルズ系作品にもあらわれたかと思うと、なかなか感無量です。大国との戦いのかけひき、情報戦とか、ホント重要ですよね。

碧空の果てに

 

碧空の果てに (カドカワ銀のさじシリーズ)

碧空の果てに (カドカワ銀のさじシリーズ)

 

 才気煥発、運動神経抜群、おまけに美しいユイ国の王女メイリン。だが、彼女は異常なほどの怪力の持ち主だった。これでは嫁の貰い手がないかもと心配し、急に娘を女らしくさせようとした父王に反発して国を出奔したメイリンは、シーハン公国に来る。選挙で選ばれた代表ターリは、優れた頭脳をもつ美貌の青年だが、足が悪く閉じこもっていた。メイリンは男装して彼の従者となる。シーハン公国を狙うトール国と、密かにトールと結び戦争により商売を広げようとする鉱山経営の一派にどう対処するか? 根性の悪いイメケンと、気丈なヒメサマという少女漫画的な構図だが、この二人が結ばれてハッピーエンドにならず、メイリンが普通の妻になるのではなくて、馬を育て、各国を飛び回る自由な暮らしの中でターリとのパートナー関係を築く。ベタな設定がベタな展開にならないところがちょっと注目。

世界一の三人きょうだい

 

世界一の三人きょうだい (児童書)

世界一の三人きょうだい (児童書)

 

 おばあちゃんが高齢者施設に入居するための準備で不在になり、小学校3年のマキシは、オムツがとれない弟レオンと一緒に、大学生のトミーおにいちゃんにあずけられる。お兄ちゃんの大学やバイト先に行ったり、コインランドリーや友達の家にいったりと、いつもと違う生活に、ちょっとワクワク。少しずつお兄ちゃんの手伝いをして家のことをてつだったり、レオンもオムツがはずれたり、そして、最初はちょっと迷惑そうながら、二人をかわいがるおにいちゃん。一週間の間にしっかり成長する3兄弟のようすが微笑ましく描かれている。

紅のトキの空

 

紅のトキの空 (児童図書館・文学の部屋)

紅のトキの空 (児童図書館・文学の部屋)

 

 スカーレットは12歳。母さんと弟レッドと3人で暮らしている。スカーレットとレッドは父さんが違うから肌の色が違う。そのせいで二人は兄弟にみてもらえないけど、スカーレットは弟が誰よりも大切だ。弟は、鳥のことならなんでも知っているが、こだわりが激しく、姉以外とは会話も成立しない。母も家事を放棄し、定期的にソーシャルワーカーの訪問を受けている。スカーレットが一番恐れているのは、家族が(特に弟と引き離されて)バラバラになること。必死に家事と弟の面倒をみているが、ある日、学校で楽しみにしていたワークショップがあり、つい風邪気味の弟を母さんと家に残して登校したところ、母さんの寝たばこで火事になってしまった。二人は助かるが、窓辺の鳩のヒナが心配で逃げようとしなかった弟は特殊教育の施設に、母さんは病院に、スカーレットは里親にあずけられる。レッドが心配でたまらないが、里親は思いがけずやさしく、その家の男の子ジェズもスカーレットをからかい、気楽に接して友だちにもいとこだと紹介してくれた。ふつうの家の子になって友だちといる幸せを初めて味わう。その学校のそばの怪しいおばあさん、ババ・ヤガーといわれる彼女の家に、肝試しで行かされたスカーレットは、故国を追われたけがをした鳥を保護している老女だと知る。そして、ついに弟の施設をつきとめ、弟を脱走させ彼女の家に逃げこんだ。最終的にソーシャルワーカーに連絡されるが、里親の努力で弟とともに暮らせるようになる。タイトルは、スカーレットの父の国でショウジョウトキが群れ飛ぶという話を母さんから聞いて、姉弟がいつも憧れているイメージ。重い現実の中で、スカーレットが弟が好きでたまらない思い。だが、ふつうの家族や友情にも憧れる思い、そして彼女を受け入れてくれた友だちや里親、鳥を保護する老女との出会いで救われていく過程にドキドキしながら一気に読んでしまう。

猫魔ケ岳の妖怪 福島の伝説

 

猫魔ヶ岳の妖怪 (日本傑作絵本シリーズ)

猫魔ヶ岳の妖怪 (日本傑作絵本シリーズ)

 

 妖怪退治をたのまれた若者がこねこを拾ってかわいがる、妖怪退治に出ようとするとこねこが止めるが、実はそのこねここそ妖怪の正体だったという「猫魔ケ岳の妖怪」。突然あらわれた子は、実は雷の子どもで天にのぼった。その子の仲良しが天に会いに行くと・・・「天にのぼった若者」。美しい娘が恋したのは杉の精、という悲恋「大杉とむすめ」、助けてかわいがった子狐が実はおいなりさまのひとりっこで、お礼に素晴らしい稲をさずけてくれる「おいなりさまの田んぼ」の4編収録。絵本的な装丁だが、よみでがあるので、小学校の中級くらいから。素直に楽しめる作品