児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

おしゃれ障害

 

 残念ながら私はメイク下手だが、その母親を反面教師にしたためか娘二人は中学生時代からメイク大好き娘に育ち、次女はこの本で危険を注意されているまつ毛エクステの仕事をしている(ちゃんと美容師資格を持ってやっているが)。そうした経験から、この本を当時の娘に見せてたとしても正直メイクをやめたとはとても思えないし、これを読んでメイクをやめるレベルの子ならそもそもやらないかもと思った。きちんと正しい知識が書いてあるとは思うが、そんなものは吹き飛ばすメイク関連コマーシャリズムの嵐のすさまじさは親でも制御不能だった。また、この本の最後に「おしゃれの力」として病気のために外見が変わってしまった子が、メイクで違いを目立たなくすることで気持ちが明るくなることが説明されておりメイク道具がずらりとならんだ写真やその前で危険を指摘したマニュキュアの写真がある。抵抗力がない病気の子がして大丈夫なら、やっぱり大丈夫と思うかも。ちなみに髪を染める危険も書いてあるが、高校によってはもともと茶色っぽい髪質の子を黒く染めるよう指導するケースが報道されているので、ぜひ、科学的根拠でそうした指導をやめさせるようにして欲しい。メイクにかりたてられてしまうのは、思春期の精神的な不安定さから、病気で外見が変わった子と同じような外面への不安を抱えていることもあるのではないか?「成長期の肌にはメイクはよくない」けど「どうしてもやりたいならメリハリをつけよう! 肌に安全なティーン向け化粧品の見分け方と使用頻度の目安」みたいに肯定することで抑制した方が現実的かも(多少は書いてあったが)。あと、イレズミが健康的にも良くないのはわかるが、文化としてやっている(ピアスもだが)外国の事例がある。こうしたケースを差別しないようにさせてあげたい。だが文化は難しい。安易な脱毛の危険がかいてあるけど中高生になって腋毛はやしてプールの授業受ける女の子はいないだろうね。さすがにそれは否定できないようで、脱毛はやっちゃいけないとまではかけないでいる。リスクは文化とのバランスかもしれない。だからティーンのころはすると注意される化粧が、社会人になるとしないと「社会人としてどうか」とマナー違反的に言われる二重規範の問題を無視してはつきつめられないのだろう。病気の子のメイクにしても、本当は外見が違うだけで仲間外れにしない寛容な雰囲気があればいいのかも。良心的な本だとは思いますが、この本だけではおしゃれ問題は解決しなさそうです。

ギルガメシュ王さいごの旅

 

ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)

ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)

 

 永遠の命を求めて困難な旅を始めるギルガメッシュ。多くの困難を乗り越え、ウトナピシュティムの元に来るが、そこで7晩寝てはならないという課題が出されるも眠ってしまう(ちなみにこの時、ノアの箱舟のお話が語られる。)結局永遠の命を得ることはできなかったが、エキンドゥの魂がギルガメッシュに向かって、ウルクの都を示してここに君の求めた永遠の命があると示すところは魅力的、ここまで読むと満足ができる。

ギルガメッシュ王のたたかい

 

ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)

ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)

 

 絵が魅力的だが一か所、ギルガメッシュとエンキドゥが旅をして山に着く場面、杉の木が行く手をふせぐとかいてあるけれど、枝がまがりくねり針葉樹っぽくない木が描かれている、メソポタミアの杉の木ってこんなふうにうねうねしているの?と気になった。物語はテンポよく進むが、個人的にはもう少しこの冒険をじっくり味わうように描きこんで欲しい気がする。この巻では最初に美しいシュトマを怪物フンババに、次いで親友エキンドゥをイシュタールに殺される悲劇のギルガメッシュ王の姿が描かれる。二人の死を経験して、永遠の命を求めるギルガメッシュ、と次の巻に続く。

ギルガメッシュ王ものがたり

 

ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

 

 ギルガメッシュ叙事詩をテーマとした作品。偉大だが友がいないために冷酷だったギルガメッシュが、エキンドゥという牧人(動物と共に過ごす者)と出会うことで、友を得て改心するまでを描く。様式的な美しさを持つ絵とシンプルな物語により神話的な味わいをだしているが、逆に言うと小さい子にはわかりにくい。小学校一年の読みなれた子に読んでみたところよく理解できないようだった。年齢を上げて紹介した方がよさそう。

雪女 夏の日の夢

 

 ハーンの代表的な作品から「雪女」「耳なし芳一」などが収録されているのと同時に、「東洋の土をふんだ日」「神々の集う国の都」など日本についての随筆の抄録が含まれている。これがとてもおもしろい。西洋と出会ったばかりで、伝統を色濃く残した明治の日本を、感性豊かなハーンの目を通して眺めるのはなんとも豊かな体験となる。藍染で白抜きの着物や暖簾の美しさ、ささやかな田舎の宿でさえみごとな欄間や掛け軸がある感動などシンプルだが洗練された明治の日本人の日常生活が目の前に立ち上がってくるように感じられるのがよい。

シロガラス 5 青い目のふたご

 

シロガラス5 青い目のふたご

シロガラス5 青い目のふたご

 

物語は相変わらずゲームのように展開している。お神楽のおかげで、各自の能力が上がり第2ステージに上がったとでも言うべき状態で、新キャラの異星人と思われる双子が登場。さらに手がかりと思われる古文書が登場。その古文書に従い、千里が入ってはいけないと考えられていた神社の神域に向かうところまでが描かれる。話がなんとなくブツブツしていて、展開がゲームのコマを動かしているような感じがやはりぬぐえない。このままどうするのだろうか? 

うみべのまちで

 

うみべのまちで

うみべのまちで

 

 海の下の炭鉱で石炭を掘る過酷な仕事をしている父。その姿を見つめる男の子の日常が淡々と綴られているのだが、素晴らしく美しい海とその地下の炭鉱の暗い世界が対照的に描かれていて強い印象を残す。祖父も炭鉱夫であり、自分も炭鉱夫になるだろうと感じている男の子に悲劇性は感じない。過酷ではあるが、必要とされ代々受け継がれてきた仕事へ誇りを感じる。現在ではここは閉山になっており、男の子は仕事を失いひょっとすると失業し家庭も持てないで暮らしているかもしれない、などと考えてしまった。だが、社会派というよりは子ども時代の美しい思い出の世界を描いていた絵本といえるだろう。やや長いが、高学年向きの読み聞かせに良さそう。