児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ノンフィクション(歴史・社会)

人間はだまされる フェイクニュースを見分けるには

人間はだまされる―フェイクニュースを見分けるには (世界をカエル―10代からの羅針盤) 作者:準司, 三浦 理論社 Amazon (世界をカエル 10代からの羅針盤)シリーズ。著者は共同通信社で長年ニュース報道に関わった。巻末の「用語解説」で本文中に例示された…

白菜のなぞ

白菜のなぞ (やまねこ文庫) 作者:板倉 聖宣 仮説社 Amazon 白菜といういかにも日本的な野菜が、実は明治になって初めて入ってきたのはなぜか? という謎を解くユニークな本。まず「白菜が入ってきたのは明治時代」という意外性、だけどすぐ近くの中国や韓国…

仏像なんでも事典

仏像なんでも事典 理論社 Amazon 修学旅行・事前学習というサブタイトルがついているが、仏像を理解するというより、修学旅行で見学する仏像の解説の要素が強い。目次があり、第7章の奈良・京都の仏像めぐりのところで寺名の後に仏像名があってページ数が表…

職場体験学習に行ってきました3 公共の仕事

職場体験学習に行ってきました3公共の仕事 中学生が本物の「仕事」をやってみた! 全国中学校進路指導連絡協議会/監修 学研教育出版 2014.2 978-4-05-501016-0 消防署・公立図書館・海上保安庁の仕事を取り上げている。「目次」「この本の構成」がある。実…

みみずのカーロ シェファー先生の自然の学校

みみずのカーロ―シェーファー先生の自然の学校 作者:今泉 みね子 合同出版 Amazon ドイツのメルディンガー小学校でのシェファー先生と子どもたちの取り組みを紹介している本。ゴミのリサイクルは、始めた時は良くても続かない、それではどう続けるか? とい…

SDGs時代の国際協力 アジアで共に学校をつくる(岩波ジュニア新書)

SDGs時代の国際協力: アジアで共に学校をつくる (岩波ジュニア新書 931) 作者:西村 幹子,小野 道子,井上 儀子 岩波書店 Amazon 2015年にSDGsが国連で採択されるより以前の1990年1月に発足したACEF(バングラデシュに寺子屋を贈ろう/アジアの庶民代に積極的…

国谷裕子とチャレンジ 未来のためのSDGs④「平和」と「パートナーシップ」に関するゴール

文溪堂 2019.12 978-4-7999-0351-3 ゴール16平和と公正をすべての人に、ゴール17パートナーシップで目標を達成しようの2点を扱っている。ゴール16の中に「戦争・紛争をなくす」という目標が入れられなかったこと、それはあ世界各国が武力行使を手放し…

国谷裕子とチャレンジ 未来のためのSDGs③『地球』に関するゴール

「地球」に関するゴール (3) 文溪堂 Amazon 持続可能社会というと、真っ先に浮かぶ環境保全のテーマ、ゴール12つくる責任 つかう責任、ゴール13気候変動に具体的な対策を、ゴール14海の豊かさを守ろう、ゴール15陸の豊かさも守ろう を扱っている。ゴール12…

国谷裕子とチャレンジ! 未来のためのSDGs②『豊かさ」に関するゴール

「豊かさ」に関するゴール (2) 文溪堂 Amazon ゴール7から11「豊かさ」を取り上げた巻。ゴール7エネルギーをみんなに そしてクリーンに、ゴール8働きがいも経済成長も、ゴール9産業と技術革新の基盤をつくろう、ゴール10人や国の不平等をなくそう、ゴ…

国谷裕子とチャレンジ 未来のためのSDGS①「人間」に関するゴール

「人間」に関するゴール (1) 文溪堂 Amazon 持続可能な開発を行なうために必要な行動計画の一つ「人権」を取り上げた巻。SDGsは、17の「ゴール(大目標)」と169の「ターゲット(小目標)」からなり、この巻ではゴール1貧困をなくそう、ゴール2飢餓を…

こどものとうひょう おとなのせんきょ

こどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本) 作者:かこ さとし 復刊ドットコム Amazon 町の選挙が始まった日、児童館でも子どもたちが集まり、広場の使い方を相談していました。そこへ選挙カーが通って「わたくしに投票をお願いいたしま…

満月をまって

満月をまって 作者:メアリー・リン レイ あすなろ書房 Amazon ぼくの父さんはかごを作るのが仕事。山の木を薄くはいで丁寧に編み上げるかごは、とても丈夫だ。ぼくが9才になって最初の満月の日、父さんはやっと一緒に町へ行くことを認めてくれた。棒に結わ…

アイヌ ネノアン アイヌ

アイヌ ネノアン アイヌ (たくさんのふしぎ傑作集) 作者:萱野 茂 株式会社 福音館書店 Amazon アイヌ文化の伝承に尽くした萱野茂さんが、自身の子どもの頃の思い出からアイヌ文化を紹介する。2つに分かれる思い出。春夏秋冬の自然を遊びつくし、家族で囲炉…

アフリカのことわざ

アフリカのことわざ 作者:アフリカのことわざ研究会 東邦出版 Amazon アフリカ大陸のサハラ砂漠以南の地域に伝わることわざ、名言、格言を楽しいイラストとともに紹介する。世界を飛び回るビジネスマンたちが、現地や文献などから収集。”人生”について、”仕…

地球温暖化を解決したい―エネルギーをどう選ぶ?

地球温暖化を解決したい――エネルギーをどう選ぶ? (岩波ジュニアスタートブックス) 作者:小西 雅子 岩波書店 Amazon 地球温暖化対策はエネルギー対策であるとして、1章で温暖化の現状を、2章でさまざまなエネルギーの長所と短所を解説。自分なりのエネルギー…

地震はなぜ起きる?

地震はなぜ起きる? (岩波ジュニアスタートブックス) 作者:鎌田 浩毅 岩波書店 Amazon 冒頭、東日本大震災は「1000年に1度」の「大事件」だったとある。〇〇年に1度の、という聞き慣れてしまったこの文言が、読み進むうちに根拠ある意識に変わっていった。 …

平安男子の元気な! 生活

平安男子の元気な!生活 (岩波ジュニア新書 930) 作者:川村 裕子 発売日: 2021/02/22 メディア: 新書 『平安女子の楽しい! 生活』の著者による男子編。またまた、古典のを用語を現代だったらこんな感じと巧みに表現してくれるので、なんだか平安男子が身近に…

彼方の光

彼方の光 作者:ピアソル,シェリー 発売日: 2020/12/09 メディア: 単行本 11歳のサミュエルは黒人奴隷の男の子だ。1859年のある夜、とつぜん老奴隷のハリソンに起こされて逃げるのだと言われる。サミュエルが赤ちゃんだったころ、よそに売られていった母代わ…

昆虫記 すばらしきフンコロガシ ファーブル ショートセレクション

ファーブルショートセレクション 昆虫記すばらしきフンコロガシ: ファーブルショートセレクション (世界ショートセレクション 18) 作者:ジャン=アンリ・ファーブル 理論社 Amazon 奥本大三郎氏訳のファーブル昆虫記抜粋、と思ったらそれに本人の自伝の一部が…

わたしたちだけのときは

わたしたちだけのときは (岩波少年文庫 2675) 作者:デイヴィッド・アレキサンダー・ロバートソン 岩波書店 Amazon きれいな色の服を着ているおばあちゃんに「どうしてそんなきれいな服を着ているの?」と聞くと、おばあちゃんは、子どものころ家から離されて…

名もなき花たちと 戦争孤児の家「エリザベス・サンダース・ホーム」

名もなき花たちと:戦争混血孤児の家「エリザベス・サンダース・ホーム」 作者:小手鞠 るい 原書房 Amazon 戦後、混血の孤児たちを救った澤田美喜の実話を描いた作品だが、これを読むと、日本人がどんなに根強い差別感を持ち続けたかがよくわかる。戦後の貧し…

14歳からの戦争リアル

14歳からの戦争のリアル (14歳の世渡り術) 作者:雨宮処凛 河出書房新社 Amazon 読みやすく、多様でリアルな視点で戦争について語られたインタビューをまとめたもの。対象者はイラク戦争従軍経験の元アメリカ海兵隊兵士、第2次世界大戦でトラック島で戦った…

ルーパートのいた夏

ルーパートのいた夏 (児童書) 作者:ヒラリー・マッカイ 徳間書店 Amazon 1902年、クラリーが生まれてまもなく母は死んでしまった。父親はクラリーと兄のピーターをどうしていいかわからずに見ているだけ。コーウォールから来た祖母が急場をしのぎ。召使を手…

バーバラへの手紙

バーバラへの手紙 作者:レオ メーター 岩波書店 Amazon 大切なおさない娘に、美術の仕事をしていた父親が心をこめてたくさんのイラストを入れた手紙を送った。パパがいたのは戦場なのに、内容は楽しく、イラストは暖かい雰囲気で、パパがいる場をを忘れてし…

父さんの手紙はぜんぶおぼえた

父さんの手紙はぜんぶおぼえた 作者:タミ・シェム=トヴ 岩波書店 Amazon オランダで幸せに暮らしていたユダヤ人一家の末っ子ジャクリーンは、迫るナチの手を逃れリーネケと名前を変えて住まいを転々とすることとなった。大学で教えていた父が職を追われ、徐…

父さんはどうしてヒトラーに投票したの?

父さんはどうしてヒトラーに投票したの? (エルくらぶ) 作者:ディディエ・デニンクス 解放出版社 Amazon まるで絵本のような雰囲気の造りだが、歴史的な背景がわからないと理解できないので、中学生か小学校高学年くらいが対象だろう。残念だったのは「どうし…

戦火と死の島に生きる

新版 戦火と死の島に生きる (偕成社文庫) 作者:菅野静子 偕成社 Amazon サイパン玉砕の時、手榴弾で自決を図るが、大けがをおいつつ生還した著者静子によるノンフィクション。南洋興発会社の嘘の写真にだまされて、サイパンの隣にある無人のテニヤン島の開拓…

ぼくたちがギュンターを殺そうとした日

ぼくたちがギュンターを殺そうとした日 (児童書) 作者:ヘルマン・シュルツ 徳間書店 Amazon 敗戦前後のドイツ。実の親とうまくいかず、叔父の家にあずけられていたぼくは、友だちが欲しかった。ドイツの海外領土から難民となって引き上げて来た家族が村の家…

わたしに手紙を書いて 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ

わたしに手紙を書いて: 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 作者:シンシア・グレイディ 評論社 Amazon 第二次世界大戦下のアメリカ。日系人は敵として収容所に閉じ込められることになった。その子ど…

ブライアーヒルの秘密の馬

ブライアーヒルの秘密の馬 (Sunnyside Books) 作者:シェパード,メガン 小峰書店 Amazon 第二次世界大戦下のイギリス。エマラインは療養のための郊外の施設に収容されていた。元伯爵夫人のお屋敷だったというこの家は、今は病気の子どもたちが療養所だ。そし…