児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ノンフィクション(歴史・社会)

新幹線と車両基地

新幹線と車両基地 (乗り物ひみつルポ 1) 作者:モリナガ ヨウ あかね書房 Amazon 東京から博多へ走る新幹線のぞみを例に、その速さのひみつ、客車の特徴や乗務員室のようす、さらには、新幹線が工場で作られる過程や、車両基地で行われる定期検査を解説。「乗…

ラブカは静かに夢を持つ

ラブカは静かに弓を持つ 作者:安壇 美緒 集英社 Amazon 全日本音楽著作権連盟に勤める橘樹(たちばないつき)は、ミカサ音楽教室への潜入調査を命じられる。5歳から13歳までチェロを弾いていた経験からの人選だった。教室で授業を受け、どういう音楽が使…

フォグ 霧の色をしたオオカミ

フォグ 霧の色をしたオオカミ 作者:マルタ・パラッツェージ 岩崎書店 Amazon 1880年ロンドン。クレイは≪泥ひばり≫(川や下水の泥をあさってめぼしいものを拾っては売る仕事)をしているストリートチルドレンだ。体格のいいトッド、頭の回転が速いヌッキーと…

おじいちゃんのくるみのき

おじいちゃんの くるみの き (児童図書館・絵本の部屋) 作者:アミ=ジョーン・パケット 評論社 Amazon コモ湖のそばに暮らしていたおじいちゃんは、アメリカにわたることになった時に庭のクルミを一個もいでポケットにいれてきた。新しい土地でクルミを植え、…

「くうき」が僕らを呑みこむ前に

「くうき」が僕らを呑みこむ前に: 脱サイレント・マジョリティ 作者:山田健太,たまむらさちこ 理論社 Amazon 著者は言論法が専門の教授。児童向き著作はなさそう、イラストが補助しているが、読むには一定の予備知識が必要な感じ。内容は民主主義や、社会に…

モスクへおいでよ

モスクへおいでよ (ノンフィクション・いまを変えるチカラ) 作者:瀧井宏臣 小峰書店 Amazon 日本人でイスラム教徒の著者が、イスラム教を解説するだけでなく、自分がどうしてイスラム教に心惹かれて入信することになったかも語っているところが、他の類書と…

「幸せの列車」に乗せられた少年

「幸せの列車」に乗せられた少年 作者:ヴィオラ・アルドーネ 河出書房新社 Amazon 児童書とは言えないかもしれないが、8歳の男の子の視点で描かれた物語には、きちんと子どもの気持ちが描かれている。アメリーゴはナポリの貧しい地域で母親と二人で暮らして…

タスキメシ 五輪

タスキメシ 五輪 作者:額賀澪 小学館 Amazon コロナ下ではじまることになった東京オリンピック。料理人の道へ進もうとしていた都の勤め先は閉店。仕事がない中で、矛盾をかかえながらオリンピック会場での食堂での仕事に応募した。そこで出会ったのは、都の…

博物館の少女 騒がしい幽霊

博物館の少女 騒がしい幽霊 作者:富安陽子 偕成社 Amazon 冒頭、おどろおどろしい霊を呼ぶ儀式で幕開け、と思ったらその事件はすぐに解決! というところから本格的に物語が始まる。この事件の解決を知って依頼をしてきたのは大山巌と捨松夫人。博物館を見学…

図書館がくれた宝物

図書館がくれた宝物 作者:ケイト・アルバス 徳間書店 Amazon 第二次世界大戦下のイギリス。12歳のウィリアム.11歳のエドマンドそして9歳のアンナ。ピアーズ家の3兄弟は、祖母がなくなったために孤児となった。両親は早々に亡くなっている。厳しい祖母が亡く…

ロッタの夢 オルコット一家に出会った少女

ロッタの夢 オルコット一家に出会った少女 (岩波少年文庫 258) 作者:ノーマ・ジョンストン 岩波書店 Amazon 『若草物語』冒頭、4人姉妹は貧しい家族にクリスマスのプレゼントを届ける。これは、いわばそれを受け取った少女の側からの物語だ。創作だが、当時…

ぼくの犬スーザン

ぼくの犬スーザン 作者:ニコラ・デイビス あすなろ書房 Amazon ジェイクはクリスマスがだいきらいだ、いつもと違うことが起こるから。同じことが起こるなら、安心、いつもと同じ食べ物、いつもと同じ家の中なたいいのに、変わってしまう。時間割が決まってい…

アンナの戦争

アンナの戦争 作者:ヘレン・ピーターズ 偕成社 Amazon ドイツで裕福な暮らしをしていたアンナ一の家は、ユダヤ人として迫害され国外に逃れようと決心するが、ビサが下りず立ち往生。イギリスが『キンダートランスポート』として子どもの受け入れのみを表明し…

ダーウィンのドラゴン

ダーウィンのドラゴン 作者:リンゼイ・ガルビン 小学館 Amazon ビーグル号でダーウィンの助手を務めていた実在の少年シムズ・コビントンを主人公にした冒険もの。ガラパゴス諸島で海が荒れ、船から投げ出されたダーウインを助けるためにコビントンは海に飛び…

水平線のかなたに 真珠湾とヒロシマ

水平線のかなたに 真珠湾とヒロシマ (文学の扉) 作者:ロイス・ローリー,ケナード・パーク 講談社 Amazon 真珠湾で突然の攻撃で命を落とした船員たちも広島の原爆の下にいた人々も、一人一人が人生を持っていた。全体ではなく、その一人一人の姿を紹介するこ…

パールハーバーの目撃者 子どもたちの1941年12月7日

パールハーバーの目撃者 子どもたちの1941年12月7日 作者:カトリーナ・ルクシャフスキー 水曜社 Amazon 2013年にパール・ハーバーにある歴史的建造物に住むことになった著者が、かつてそこに住んでパールハーバーを目撃した子どもたち(もちろんすでに老人と…

10歳から知っておきたいお金の心得

10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方 (10歳に贈るシリーズ) えほんの杜 Amazon 全国の小中高校で、お金教育・キャリア教育を行うファイナンシャルプランナーなど講師5人による紙上授業。ゆるキャラのような動物たちのイ…

学校では教えてくれないお金の話

学校では教えてくれないお金の話 (14歳の世渡り術) 作者:金子 哲雄 河出書房新社 Amazon お金とは、モノの値段の決まり方、お得な買い物の極意などを、「お金持ちってどんな人?」「ドリンクバー、何杯飲めばモトがとれる?」「世の中でいちばんもうかる仕事…

はたらく

はたらく 作者:長倉 洋海 アリス館 Amazon 世界の子どもたちが「はたらく」さまをとらえた写真絵本。 ネパールでは、冬虫夏草を探してヒマラヤを歩く子のけわしい表情を。アマゾンの森では、えものを弓矢でねらう厳しい視線の真剣さ。 エルサルバドルでコー…

子どもによる子どものための「子どもの権利条約」

子どもによる 子どものための「子どもの権利条約」 作者:尚子, 小口,鮎美, 福岡 小学館 Amazon 中学2年生の2人が翻訳した子どもの権利条約。 本文はかなり意訳ではあるけれど、子どもにわかりやすいだけでなく、読みたくなる(!)ところが最大のおすすめ…

僕らが学校に行く理由

僕らが学校に行く理由 (ポプラ社ノンフィクション 42) 作者:渋谷 敦志 ポプラ社 Amazon 世界の紛争、飢餓、貧困、児童労働などの現場を訪ね、学校に通えない、あるいはそんな状況でも学ぶ子どもたちの姿を写真に収めた。訪れたのは、南スーダン、ウガンダ、…

続・レモンをお金にかえる法

新装版 続・レモンをお金にかえる法 作者:ルイズ・アームストロング 河出書房新社 Amazon 続編は、マクロ経済学の領域。 レモンの不作からインフレに陥った市場経済を、「治療する」役割としておとなたちが登場し、政府や中央銀行の立場を示します。 あっと…

レモンをお金にかえる法

新装版 レモンをお金にかえる法 作者:ルイズ・アームストロング 河出書房新社 Amazon 子どもにわかりやすいたとえを使って、経済学の用語と理論そして経済学のしくみを「正確に教え」るという絵本。 レモンに水と砂糖を加えてレモネードをつくり60円で売った…

こども行動経済学

こども行動経済学 なぜ行動経済学が必要なのかがわかる本 作者:バウンド カンゼン Amazon 経済学的に正しい選択とは何かを示し、人々がしばしば誤ってしまう選択のクセを明らかにする行動経済学。子どものうちからそれを学ぶことで、自分の人生や社会をより…

すなはまのバレリーナ

すなはまのバレリーナ 作者:川島京子 のら書店 Amazon 日本にバレエを伝えたロシア人バレリーナ、エリアナ・パヴロバの功績を伝える絵本。 ロシア革命のふるさとを逃れ、1919年日本へ亡命してきたエリアナは、鎌倉に日本初のバレエ学校を開いた。全国から生…

アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハローウィンのための連作)

アイスクリームが溶けてしまう前に (家族のハロウィーンのための連作) (福音館の単行本) 作者:小沢健二と日米恐怖学会 株式会社 福音館書店 Amazon アメリカでのお菓子をねだるハロウィーンの起源が、実は世界恐慌で社会が荒れていた時に、子どもも荒れて破…

ブックキャット ネコのないしょの仕事!

ブックキャット ネコのないしょの仕事! 作者:ポリー・フェイバー 徳間書店 Amazon 1940年空襲のさなかのイギリスで生れたネコのモーガンは、その後、お母さんと妹のメーブを空襲で亡くします。その後、偶然入った出版社で住み込みのネコになりました。そし…

世界の教科書でよむ〈宗教〉

世界の教科書でよむ〈宗教〉 (ちくまプリマー新書) 作者:藤原 聖子 筑摩書房 Amazon 世界の教科書では各宗教をどのように記述しているかを紹介しているのだが、それは、まさにそれぞれの国が、宗教に対しどのような対応を取ろうとしているかを示したものにな…

6カ国転校生 ナージャの発見

6ヵ国転校生 ナージャの発見 作者:キリーロバ・ナージャ 集英社インターナショナル Amazon 生れは旧ソ連時代のロシア。ロシア⇒日本⇒イギリス⇒フランス⇒日本⇒アメリカ⇒日本⇒カナダ⇒日本と、6歳から15歳までの間に頻繁な転校を繰り返し、現地校で学ぶ経験をし…

女子読みのススメ

女子読みのススメ (岩波ジュニア新書) 作者:貴戸 理恵 岩波書店 Amazon いわば、女の子向けブックガイドだが、女の子にはこういう本がお勧めよというより、さまざまな場面でのロールモデルが出てくる作品を紹介している。取り上げてある本は、ほぼ一般書で日…