読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

シルヴィーどうぶつえんへいく

 

シルヴィーどうぶつえんへいく

シルヴィーどうぶつえんへいく

 

 ある日、寝室に扉を見つけたシルヴィー。降りていくと、そこには動物園があった。そこで自分の好きな動物を連れてきて一緒に寝るようになるが、朝にはきちんと扉をしめた。なのに、ある日、うっかり扉を閉め忘れたからさあ大変! 家に帰ったら地下から動物たちが出てきてしまった。ママが帰ってくる前に、大慌てでかたづけなくちゃ! 幼い子の空想のリアルさを描くのが得意なバーニンガムらしい佳作。