児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

エルヒー・メルゲンと七つの太陽 モンゴルのいいつたえ集

 

エルヒー・メルゲンと七つの太陽―モンゴルのいいつたえ集

エルヒー・メルゲンと七つの太陽―モンゴルのいいつたえ集

 

モンゴルの昔話を中心に、いいつたえやなぞなぞ、タブーなどを紹介してくれ、モンゴルの人たちの考え方の理解に役立つ。知恵の働きで巧みに言いぬける「ずるがしこいボルじいさん」やものおぼえが悪いが、せめて帰り道で見たことだけをおぼえろというラマ僧の先生のいいつけを守ったことで、思いがけなく知恵者と思われる「ツァルツァー・ナムジル」など他国にも似た話がないわけではないが、モンゴルの独自性にあふれた作品で楽しい。有名な馬頭琴の由来については「スーホの白い馬」とは、ちょっと違う王さまのお姫さまと若者の悲恋の物語が紹介されている。読んであげると高学年の男の子などにも特に喜ばれそうな作品がそろっている。