児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

小学校中学年以上

本おじさんのまちかど図書館

本おじさんのまちかど図書館 (ものがたりの庭) 作者:ウマ・クリシュナズワミー フレーベル館 Amazon インド出身でカナダ在住の著者によるインドを舞台にした物語。ヤズミンは本が大好きな9歳の女の子。路上で本を貸してくれる本おじさんから毎日本を借りる…

メリークリスマス―世界の子どものクリスマス―

メリークリスマス ―世界の子どものクリスマス 作者:R・B・ウィルソン ビーエル出版 Amazon 世界各国の子どもたちがどんな風にクリスマスを祝い楽しむかを、細やかな美しい挿絵とともに。 最初のイエス誕生の物語に続けて、そのときそばにいた動物たち(め…

伝え守る アイヌ三世代の物語

伝え守る アイヌ三世代の物語 (少年写真新聞社写真絵本) 作者:宇井眞紀子 少年写真新聞社 Amazon 大阪で生まれ育ったダイキとワカナ。母親はアイヌの血をひき、祖父は北海道でアイヌ伝統の木彫りをつくっている。大阪で、刺しゅうや料理などアイヌの文化を伝…

世界の市場 おいしい!たのしい!24のまちでお買いもの

世界の市場 : おいしい! たのしい! 24のまちでお買いもの 作者:マリヤ・バーハレワ 河出書房新社 Amazon 世界12か国24か所の市場を、1~12月に分けて紹介。中世から続く歴史あるものやごく新しいもの、様々な国の人が出店する市場、建物が美しい市場、地下…

ガラス山の魔女たち

ガラス山の魔女たち (世界の傑作童話) 作者:E.エステス 学研マーケティング Amazon 魔女の中で1番えらくて、1番悪い魔女ばあさんが、ある日突然、ガラス山へ追放されました。7歳の女の子エイミーが、「魔女ばあさん追服!(追放と征服を合わせた言葉)」…

ひそひそ森の妖怪ー妖怪一家九十九さん

ひそひそ森の妖怪―妖怪一家九十九さん 作者:富安 陽子 理論社 Amazon 妖怪と人間が仲良く暮らす町の市役所に、地域共生課があります。日中は人間の野中さん、夜は妖怪一家のヌラリヒョンパパが、住民の相談を受けています。 ある秋の日、新しい住宅建設予定…

鉄橋をわたってはいけない

鉄橋をわたってはいけない (1980年) (岩波ようねんぶんこ) 作者:ベティ・ローランド Amazon ジェイミーは7歳の男の子。2年前にパパが死んで、ママの実家の農場に暮らすが、いとこのマルコムからは、のけ者扱い。川向こうに住む子どもたちなら一緒に遊んで…

ぼくは少年鉄道員

ぼくは少年鉄道員 (たくさんのふしぎ傑作集) 作者:西森 聡 福音館書店 Amazon ドイツには、子どもたちが本物のSLを走らせている場所があります。広い公園内を走る、小さいけれどれっきとした鉄道路線です。 担当するのは11歳~18歳くらいの少年少女。学校が…

世界じゅうの女の子のための日

世界じゅうの女の子のための日 作者:ジェシカ・ハンフリーズ,ロナ・アンブローズ 大月書店 Amazon カメルーン出身の少女の訴えがきっかけだったという「国際ガールズ・デー」10月11日。記念日制定までの長い道のりと、なお困難のつづく世界中の女の子たちの…

きんいろのとき

きんいろのとき―ゆたかな秋のものがたり 作者:アルビン トレッセルト ほるぷ出版 Amazon 夏のおわり、きりぎりすが鳴き始める。「きりきり きりかり」。 畑の小麦は黄金色に実り、刈りとり機の音が「ちゃぐちゃぐ かたかた」。 森では、木の実を集めるりすた…

和ろうそくは、つなぐ

和ろうそくは、つなぐ 作者:大西 暢夫 アリス館 Amazon 和ろうそくは「どうやって作られ、なにからできているのだろう。」という疑問から、「モノづくり」をたどる著者の旅がはじまる。 愛知県の和ろうそく職人を皮切りに、ろうの原料であるハゼの実を収穫す…

ブラックホールってなんだろう?

ブラックホールって なんだろう? (たくさんのふしぎ傑作集) 作者:嶺重 慎 福音館書店 Amazon 本当に、ブラックホールってなんなのだろう?なんでも吸いこんでしまう、と聞きますが・・・。 「穴」と言うのに、天体。直径は50kmと地球よりずっと小さいのに、…

人間

人間 (福音館の科学シリーズ) 作者:加古 里子 株式会社 福音館書店 Amazon 「川」「海」「地球」「宇宙」と著して、もっと大きいのは「人間」だと、17年を費やした大作。人類出現の歴史、人体のしくみ、個人と集団の活動、という大きな流れをつくって解説し…

火山はめざめる

火山はめざめる (福音館の科学シリーズ) 作者:はぎわら ふぐ 株式会社 福音館書店 Amazon 浅間山をモデルに、昭和、江戸、平安、2万5000年前と、噴火の歴史をさかのぼる。昭和時代は、しばしば噴煙が上がり火山灰が降ってすぐやんだ。何度も繰り返すが1回の…

図書館図鑑

図書館図鑑 金の星社 Amazon わざわざ「図鑑」という名称にした理由がわからない。「図鑑」の定義を調べてみると、特定の主題や事物、生物を名称を見出しにして、絵や写真、図表などを主体として編集と定義されているが、他の社会科見学や職業紹介シリーズの…

この世界からサイがなくなってしまう(2022年課題図書中学年)

この世界からサイがいなくなってしまう アフリカでサイを守る人たち (環境ノンフィクション) 作者:味田村太郎 学研プラス Amazon サイが、密猟のために絶滅の危機にさらされていることを訴えているノンフィクション。語り口がやわらかい割には、「多様化」「…

みんなのためいき図鑑(2022課題図書小学校中学年)

みんなのためいき図鑑 作者:村上 しいこ 童心社 Amazon テンポよく読みやすいのは間違いないし、部分的には楽しいのだが、全体がなんだか変な感じがした。主人公は、たのちんこと田之上嵐太。授業で班で何かの図鑑をつくらなければいけないのに、何も案が浮…

111本の木(2022課題図書小学校中学年)

111本の木 作者:リナ・シン 光村教育図書 Amazon インド実際に実際にある村を元にした絵本。シャム・スンダル・パリワルは、小さな男の子だった頃、母親が毒蛇に噛まれて死んでしまった。大きくなったパワリルは、大理石工場で働くが、工場が土を掘り返し土…

チョコレートタッチ (2022課題図書小学校中学年)

チョコレートタッチ (文研ブックランド) 作者:パトリック・スキーン・キャトリング 文研出版 Amazon ジョン・ミダスはたいていいい子ですが、お菓子に目がないことだけが問題でした。お小遣いはお菓子で消えてしまうし、お菓子を食べ過ぎてご飯がなかなか食…

虹になった娘と星うらない―インドネシアの昔ばなし

虹になった娘と星うらない―インドネシアの昔ばなし (世界の昔ばなし (16)) 小峰書店 Amazon 表題話は、村のおきてを破って結婚した星占い師と娘。日照りがつづくのは2人のせいだと村人たちが家に押し寄せると、七色のけむりが天へと立ちのぼり、2人は美し…

ふしぎなともだち

ふしぎなともだち 作者:たじま ゆきひこ くもん出版 Amazon 2年生の冬休みに島へ引っ越してきたぼく。同じクラスのやっくんは、ひとりごとを言ったり、とつぜん教室を飛び出したりするのに驚いた。でも、ほかのみんなは気にしない。いけないことをした時は…

ウサギとぼくのこまった毎日

ウサギとぼくのこまった毎日 (児童書) 作者:ジュディス・カー 徳間書店 Amazon ベネット先生はウサギのユッキーを飼っていて、学校にも連れてきて作文や絵の課題の題材にしていた。でもトミーはユッキーが苦手だ。2歳下で2年生の妹アンジーは大好きだけど…

エメリン・パンクハースト

エメリン・パンクハースト (小さなひとりの大きなゆめ) 作者:リスベット・カイザー ほるぷ出版 Amazon 上野千鶴子訳、というので読んでみた。内容はイギリスで女性参政権に力をつくしたエメリン・パンクハーストの伝記絵本。ただ、絵本形式で文字数とページ…

菜の子ちゃんとキツネ力士 日本全国ふしぎ案内3

菜の子ちゃんとキツネ力士 日本全国ふしぎ案内3 (福音館創作童話シリーズ) 作者:富安 陽子 株式会社 福音館書店 Amazon 4月、授業中の菜の子ちゃんとリカコのもとに、まだ幼虫のはずのオオムラサキが飛んできて、2人は丹波山のキツネの婚礼に招かれます。…

リディアのガーデニング

リディアのガーデニング 作者:サラ スチュワート アスラン書房 Amazon 大恐慌の頃のアメリカ。両親に仕事が見つかるまで、リディアはおじさんの元へ預けられることになりました。たった1人汽車に乗って大きな駅に着くと、迎えに来たジムおじさんはしかめっ…

家をまもる(たくさんのふしぎ2022年4月号)

家をまもる(たくさんのふしぎ2022年4月号) 作者:小松義夫 福音館書店 Amazon 家に守られている私たちの暮らし。その家を守るため、世界の人々がしてきた工夫を写真で紹介する。日本と同じく「地震の巣」とよばれるインドネシアのニアス島。木造で藁ぶきのよ…

バサラ山スケッチ通信 世界の鳥の巣をもとめて

世界の鳥の巣をもとめて―バサラ山スケッチ通信 作者:鈴木 まもる 小峰書店 Amazon 『ぼくの鳥の巣探検』から、さらに人との出会いがつながり広がってゆく探訪記。アメリカにある鳥の巣と卵の研究所、東南アジアの熱帯雨林、アフリカの森と砂漠。世界の鳥の巣…

バサラ山スケッチ通信 ぼくの鳥の巣探検

バサラ山スケッチ通信 ぼくの鳥の巣探検 作者:鈴木 まもる 小峰書店 Amazon バサラ山に暮らす著者は、ある日、からっぽの鳥の巣を見つけ、その機能的で美しい造形に魅せられます。誰に教わるでもなく、道具を使うでもなく作られるその不思議。鳥の巣あつめに…

春の妖精たち

春の妖精たち (たくさんのふしぎ傑作集) 作者:奥山 多恵子 株式会社 福音館書店 Amazon 「春のはかない命」という意味のスプリング・エフェメラルと呼ばれる、植物があります。フクジュソウやカタクリ、アズマイチゲなど、まだ雪の残る林の地面に顔をのぞか…

さくら村は大さわぎ

さくら村は大さわぎ 作者:朽木 祥 小学館 Amazon わたしはハナ、3年生です。わたしの住むさくら村では子どもが生まれるとさくらの木を植えるので、大きなものから小さなものまでさくらの木がいっぱいです。 春、お兄ちゃんが自転車の前かごに置いておいたヘ…