読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童書評価のページ

新刊・古典とりまぜて児童書を評価します

ライフタイム いきものたちの一生と数字

ノンフィクション(自然) 小学校高学年以上 Bおすすめ Cふつう

 

ライフタイム: いきものたちの一生と数字 (ポプラせかいの絵本)

ライフタイム: いきものたちの一生と数字 (ポプラせかいの絵本)

 

 一生の間に、クモは、卵を包む薄い袋を1つだけつくる、トナカイのつのは10かいはえかわる・・・というように、さまざまな数値が出てきて、本当に?本当に? と首をかしげていると、巻末の解説まで行って、やっとその根拠数値についてわかる。一見面白いようで、この解説がないとなんだかわからない。最近、こうした妙に簡単なようで、でもよくわからない本が増えている。せめて同じページの欄外とかコラム的に説明をいれるわけにはいかなかったのだろうか? これに、他の資料を加えた授業などはできそうだが、この本単体ではなんとも中途はんぱ。